SEARCH GINZA ID

中島閣下が、展示会を走りながら考えた。 九州に思いを寄せて

中島閣下が、展示会を走りながら考えた。 九州に思いを寄せて

ハロー、中島閣下である。

今月の閣下はピンチである。携帯をなくしておる。すでに数日の携帯不携帯で心労で痩せそう。しかし、おかげで大きな収穫があった。電車の中で携帯ではなく、未読だった『すべての仕事はクリエイティブディレクションである。』という電通のCD、古川裕也氏による名著が読めたこと。そして彼の業績である「祝! 九州」キャンペーンのドラマチックな一部始終を知ったことだ。

2011年JR九州新幹線全線開業で、九州は沸き立っていた。何十年来の膨大な努力の結果、九州がひとつにつながるのだ。九州から日本を元気にする、という潜在的なテーマも含みつつ、古川チームは祝祭的なキャンペーンを企画した。7県からなるということで7色のタオルが人々に配られ、九州を縦断する新幹線に向かって、手を振ったり歌ったり踊ったりする人々をカメラがとらえるというドキュメンタリーなCM。天候予備日もない一発撮り、1万人を超える九州縦断ウェーブという大博打のような企画は見事な成功を収めた。

今回の主役である九州人たちのラテン性のおかげだ、と古川氏は書いていた。くまモンを囲む人々も陽気で未来への輝きに満ちていた。そして4月27日、13日ぶりで九州新幹線が全線運転再開した。

 

2011年JR九州新幹線全線開業で、九州は沸き立っていた。何十年来の膨大な努力の結果、九州がひとつにつながるのだ。九州から日本を元気にする、という潜在的なテーマも含みつつ、古川チームは祝祭的なキャンペーンを企画した。7県からなるということで7色のタオルが人々に配られ、九州を縦断する新幹線に向かって、手を振ったり歌ったり踊ったりする人々をカメラがとらえるというドキュメンタリーなCM。天候予備日もない一発撮り、1万人を超える九州縦断ウェーブという大博打のような企画は見事な成功を収めた。

今回の主役である九州人たちのラテン性のおかげだ、と古川氏は書いていた。くまモンを囲む人々も陽気で未来への輝きに満ちていた。そして4月27日、13日ぶりで九州新幹線が全線運転再開した。

中島閣下

「祝! 九州縦断ウェーブ」のCMは九州地区限定だったので、ぜひYouTubeで見てください。そしてもう一度、九州新幹線に乗りに行こう。

GINZA2016年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)