アジア女子がロングスケートボードに心奪われる理由。るーさん×MOONのスペシャル対談

アジア女子がロングスケートボードに心奪われる理由。るーさん×MOONのスペシャル対談

今、新たなスタイルのストリートスポーツとして、アジア女子たちの心を虜にしているロングスケートボード。中国、韓国、台湾、シンガポールなど、アジア各国で大きな広がりを見せながら、日本にもまさに上陸中のスケートムーブメント。何がそれほどまでに彼女たちを夢中にさせているのか。「GINZA×るーさん EVERYDAY MAKE-UP」でお馴染みの人気YouTuber・るーさんもまた、その魅力に心奪われている“ロンスケ女子”の一人。今回は、ロングボード界で最も有名な大会の一つ「So.. You Can Longboard Dance?」にて、2018年女性部門一位に輝いた実績を持つロングボーダーのMOONを招き、二人に色々なお話を聞いてみました。


–—ロングスケートボードと聞いて、まだ知らない人たちもいると思うのですが、ロンスケとはいったいどういうものなのか、ショートのスケボーとの違いなども含めて教えてもらえますか?

MOON 一番の違いは、やっぱりシンプルに大きさかな。

るーさん たぶんスケボーって聞くと、一般的にはショートのスケボーを思い浮かべる方が多いと思うんですけど、私たちが使っているロングボードはだいたい46インチとか48インチもあるんです。長さが違うことで、すべる時の動きも大きく変わってきます。

MOON ボードが長いから、とても大きな曲線を描きながらすべることができるんです。乗っていて、本当に特別な気持ちになれる。ショートボードだとトリックを多用するイメージがあると思うんだけど、ロングボードはトリックと同時に、ダンスみたいなステップを踏みながらすべるんです。

るーさん MOONは技もできるし、ダンシングもできるからね。ショートボードと同じ名前の技もあるんだけど、それをロングボードでやるとやっぱり迫力が違いますよ。私もショートのスケボーですべってみたことがあるんですけど、何より怖かったです。それに比べると、ロングボードは初めから乗れるというか、乗りやすいからこそ、女の子でも挑戦しやすいんだと思います。実際に私のいる「FLC(Fukuoka Longboard Crew)」の中には、10歳の子なんかもいますからね。50代とか60代の方もいますし、年齢を問わずに始められるのも魅力です。

ロンスケ女子 インタビュー

 

–—ダンスをしながらのライディングは、見ているだけでこちらも解放されるような心地よさを感じます。お二人はそもそもどうやってロングボードと出会ったんですか?

MOON 私の場合は、兄の影響かな。兄が留学先の中国でロングボードに出会って、韓国に持って帰ってきたんです。それが最初の出会い。それから、兄がやっているのを見よう見まねで私もやり始めて、そこからずっとやってる。兄はもうやめちゃったけど(笑)。

るーさん 日本の女の子でロングボードをやり始めたって子は、だいたいみんな韓国が好きで、そこから入ってる人が多いですね。もともと私もK-POPが好きだったり、韓国のメイクを好きになったりして、はじめに韓国を好きになったっていうのが最大のきっかけでした。Instagramで韓国の女の子がロングボードですべってる動画を見つけたのが最初だったんだけど、「可愛いのにかっこいいことしてるなぁ」って。その頃ちょうど体を動かしたいって思ってたし、女の子がやってるなら私にもできるかなって。

ロンスケ女子 インタビュー

 

–—中国から韓国に持ち帰ったり、K-POPにハマる日本の女の子がロンスケを始めたり、お二人の話を聞いてるだけでも、アジアにロングボードが境界線なく広がっている様子が伺えますね。そこでぜひ、世界やアジアにおけるロングボードカルチャーの動きについても少し聞かせていただけますか?

るーさん 今一番熱い国は、たぶん中国じゃないかな。台湾とか、もちろん韓国も。シンガポールとかもたくさんライダーさんがいるけど。これはMOONの方が詳しいかも。

MOON 世界的に見ると、アメリカやヨーロッパではいったんブームが落ち着いていて、今は本当に好きな人たちがリラックスした趣味として気軽に楽しんでいる印象ですね。それに比べると、アジアでの人気は格段に急上昇しています。るーさんの言うとおり、なかでも中国の盛り上がりはすごいですね。ただ、どちらかと言うとみんなテクニックを磨いて競い合ってる雰囲気で、「大会で勝ちたい!」っていう気持ちがすごく強い気がします。毎週のようにロングボードのイベントや大会が開かれているし。そういう意味でいえば、韓国は中国の次に盛んな国、という感じなのかな。

るーさん 日本はまだまだ少なくて、ようやく広がり始めてる感じですね。大阪や関東のライダーさんたちが、積極的に人を集めて大会を開いたりはしてるんだけど、日本におけるロングボードシーンと言われても、まだ何もぱっとは思い浮かばないというか、まだまだこれから広がっていくところなんだと思います。

 

–—実際にすべっていて、特に日韓のロングボードシーンについて肌で感じることって何かありますか?

MOON う~ん、何て言えばいいんだろう。でも、やっぱり日本は本当に空が綺麗だと思う(笑)。

るーさん そういえば韓国のクルーの中にも、いっぱい空の写真を撮ってる子がいたよね(笑)。

MOON 本当に空が青くて、すべっていて最高に気分が良かった。韓国だと、なかなか空がクリアに見えないことも多いから。

るーさん 私も韓国ですべったことはあるんだけど、何より感じたのは、とにかく女の子がパワフルだということ。もちろん日本にも元気な女の子はたくさんいるんだけど、韓国の女の子たちのライディングを見ていると、特にそれを感じるかな。お酒も強いし(笑)。

MOON 今回私が日本のクルーのみんなを見ていて感じたのは、勝負とか競争心抜きに、家族のような雰囲気ですべっているのがすごく素敵でしたね。お互いのことをすごく思い合ってるし。

るーさん それは何かもう、日本全国のロングボーダーはみんなつながってるって感覚を持っているんだと思う。例えば、韓国の子たちが日本に遊びに来るってなったら、すぐに誰かから「韓国のクルーが遊びに来るみたいだから案内してあげて」とか、必ず連絡が入るんです。それくらい、日本でロングボードをしている人たちのつながりは強いですね。

 

–—そんなお二人はいつ、どうやって知り合ったんですか?

MOON 四日前に知り合いました(笑)。だから、今回の来日で初めて出会ったんです。

るーさん もともとMOONはとても有名だったから、私は一方的にInstagramでフォローしていたんだけど、今回の来日でやっとお友達になれて(笑)。

 

–—もう長いお付き合いだと思っていたので、正直おどろきました。でもお二人を見ていると、あらためてロングボードでつながる関係性がとてもボーダレスで家族的なものだと感じさせられますね。こんなにもすぐに打ち解けて、仲良くなれるんだと。そんなお二人が、ロングボード以外に今興味をもっているものって何かありますか?

MOON けん玉!

るーさん だね(笑)。韓国クルーのみんながやってるんだけど、本当にうまいんです。

MOON まだやり始めてから三カ月くらいなんだけど、インスタでけん玉専用のアカウントも作ったりして。

るーさん 韓国の子たちがハマり出して、それがあまりにもうまいから、日本のロンスケやってる人たちも「みんなやってみよう」ってことになっちゃって。韓国の子から、逆に日本の子がけん玉をプレゼントされたりね。

MOON 別に韓国で人気っていうわけじゃないんだけど、なぜかスケーターの間では流行ってる。実際はヨーロッパの有名なスケーターがけん玉をやっていて、それを見てみんなが「何あれ?」って。そこから流行り出したんだと思う。

るーさん 私が今やりたいことは、YouTubeでお洋服を紹介する動画を撮ること。前からずっとやりたいと思っていて、まだやれてないんだけど。ロングボードに乗りながらジーンズを紹介すれば、動きとかでデザインもいろんな見え方になるし、すごく面白いだろうなって。

ロンスケ女子 インタビュー

 

–—ロングボードにかぎらず、お二人が楽しみながらも真摯に新しいことといつも向き合っているのを感じられました。今日は本当に貴重なお時間をありがとうございました。最後になりますが、これからロングボードを始めたいという人たちにアドバイスやメッセージをお願いします。

MOON やっぱり、一番大切なことは安全に楽しめることだと思うから、これから始める人は必ず、自分にとって負担のない環境を見つけるようにしてほしいな。そのためにも、人とのつながりはとても大切だと思います。

るーさん たしかに一人でもできるんだけど、しだいに出来ないことにぶつかっていくんですよね。動画を見たりしても、どうしてもわからないことにつまずいてしまったり。そんなとき、誰かと一緒にやっていれば、コツなんかも教えてもらえるし、そこからすんなり出来るようになることもたくさんあるんです。だから、誰かしらとコンタクトをとってほしいなっていうのは思いますね。

MOON SNSでロングボーダーを探してコンタクトをとったりね。きっとセッションできると思いますよ。

るーさん インスタで「#ロンスケ」とか「#ロングスケートボード」って調べてみれば、必ず誰かとつながることが出来ると思います。みんな親切だから、すぐに返信してくれますよ。あと、私のいる「FLC」の存在も知っていてほしいな。

MOON 韓国に来た時には、ぜひソウルの川沿いでもすべってほしいですね。とても気持ちいいし、すべってる人もたくさんいますよ。それから、私たち「Team Victors」のスポンサーでもある「VICTORS BOARD SHOP」へぜひ行ってみてください。けん玉も売ってますよ(笑)。

MOON

VICTORS BOARD SHOP」がスポンサーをつとめる韓国のスケートクルー「Team Victors」の一員として、ソウルを拠点に活動するロングスケートボーダー。アジア各地のイベントや大会へ精力的に出場。「So.. You Can Longboard Dance?」では、2018年女性部門一位の実績を持つ。
insta @h_kyung_176

るーさん

2014年よりYouTubeにメイク動画をアップしはじめ、現在ではチャンネル登録者数1万8千人以上の人気YouTuber。新作コスメを使ったトレンドメイクを紹介する「GINZA×るーさん EVERYDAY MAKE-UP」も絶賛公開中。
insta @yesruichan0720

 

Photo:Ai Kawauchi Edit, Text:Taro Katsuki

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)