SEARCH GINZA ID

「ブラック」がしたためられた音楽で、秋冬のサントラは決まり!

「ブラック」がしたためられた音楽で、秋冬のサントラは決まり!

黒に注目しているのはファッションの世界だけではありません!私たちの周りにあふれるカルチャーの中の“小さな黒”をご紹介。


黒を名に持つレーベルやバンドの、
奥行きある美学に触れる

 

Label:Blackest Ever Black

[thegarden]Carla Dal Forno『The Garden』

「ロンドンでレコード店Low Campanyを営み、編集者としても活動するKiran Sandeが主宰。硬質で重厚感漂う低体温の電子音やノイズに特化した作品のリリースが多いが、比較的柔らかな雰囲気で聴きやすくておすすめなのは『The Garden』。どこかノスタルジック」(加藤さん)

こちらもオススメ
・ F Ingers『Awkwardly Blissing Out』
・ John T. Gast『Wygdn』
・ Officer!『Dead Unique』

 

Label:Black Dirt Studio

『NATCH9』-Wednesday Knudsen & Willie Lane
『NATCH9』

「黒と白で統一されたジャケットとともに、ダークで泥臭いギターサウンドを届けるNYのスタジオ兼レーベル。『NATCH9』は、人里離れた山奥で鳴らされているかのよう。あるいは、ジム・ジャームッシュやヴィム・ヴェンダースの映画に登場する荒野が脳裏に浮かびます」

こちらもオススメ
・ Pigeons『The Bower』
・ Michael Chapman『50』
・ Sarah Louise『Nighttime Birds and Morning Stars』

 

Artist:Black Lodge

black-lodge

「Mo’waxやThe Trilogy TapesなどUKのコアなエレクトロニック系の音楽レーベルを渡り歩く謎の集団。『Bitter Blood』は笛や管楽器、RPGを想起させるチープなシンセサウンドと機械音や金属音が重なり、労働者階級の人々や泥にまみれたパブの闇がイメージされます。Strawberry Switchblade化するキュートなエレポップも収録」

bitter-blood『Bitter Blood』

 

Artist:Black Country, New Road

Black-Country,-New-Road-

「イングランド・ケンブリッジ出身、ロンドン拠点の注目の新人バンド。最新シングル『Sunglasses』は、イギリス人らしい皮肉めいたブラックユーモアがあふれ、超絶フリーキーなサックス、乾いたギターが鳴り響くポストパンク。ブラックレザーのミニスカートでバイオリンを奏でる女性メンバー、Georgia Elleryによる別バンド、Jockstrapもあわせてチェックして」

sunglasses『Sunglasses』

加藤正広

>> 「bonjour records」バイヤー。音楽のみならず、最新のファッションからアートの動向を分析し、独自の目線でライター業も行う。

Text: Ayana Takeuchi, Naoko Aono, Tomoko Ogawa, Naoko Sasaki, Mako Matsuoka, Momoka Oba, Emi suzuki

GINZA2019年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)