【スター日記】芦田愛菜:才色兼備な13歳、ただいま麗しく成長中

芦田愛菜 Mana Ashida

2004年兵庫県西宮市出身。3歳で芸能界に入り、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞、第54回ブルーリボン賞新人賞他多数の賞を受賞。『Mother』『マルモのおきて』『うさぎドロップ』など数々のドラマ、映画、CMに出演。2013年には『パシフィック・リム』でハリウッドデビューを果たす。

X SEP. 2017

普段は自転車に乗っています

中学入学のお祝いでいただいた自転車。写真では見えませんが、明るいブルーとベージュの組み合わせがすごく可愛いんですよ。テレビでもお話ししたことがありますが、小学校3年生になるまで自転車にブレーキがあるということを知らなかった私。それまで足で停めるものだと思っていたんです。危ないですよね(笑)。

X SEP. 2017

セルフィーに挑戦

休憩中に“ジドリ”してみました!Tシャツは映画『怪盗グルー』シリーズのケビンです。今年の夏は新作が公開され、4年ぶりに怪盗グルーの末っ子・アグネスの吹き替えをしました。アグネスは6歳のままですが、私は2倍の13歳になっちゃった。幼く、無邪気な感じを出すのが最初はちょっと恥ずかしかったです。

X SEP. 2017

大好物は、母特製のコチラです

ツヤツヤで美味しそうでしょ?お母さんが作ってくれる大学芋です。これが大好きで、元気のモトなんです。好きな食べ物はけっこう渋いものが多くて、お蕎麦や筑前煮、野菜炒め、キュウリ、魚の西京焼きとか……(笑)。あとお父さんが作ってくれる豚玉も大好きなので、よく食べています!

X SEP. 2017

早朝ロケでCM撮影中の一コマ

広告イメージキャラクターをさせていただいている進学塾「早稲田アカデミー」の冬季講習会のCM撮影をしました。すごく早朝の撮影でした!春から始まったシリーズも、あっという間に冬になりました。私も実際に中学生なので、この広告は等身大で演じていますね。撮影でいろんなところに行けるのも楽しいです!

X SEP. 2017

収録中、スタッフさんたちと

収録の休憩中にスタッフさんたちとおしゃべり。「ぜんぜん緊張してないように見える」ってよく言われるんですが、実はバラエティではいつもすごく緊張しているんです。お芝居と違って何があるか分からないところが、楽しいけど難しくって、ドキドキしちゃう。でも周りのみなさんが気遣ってくださるので、ありがたいです。

X OCT. 2017

写真はきちんと現像する派です!

これは全部、わたしのアルバム。写真を撮ったらそのままにしておかないで、現像してアルバムに入れて見るのが好きなんです。どれもみんな思い出がたくさん詰まっているお気に入りです。お買い物に行く時も、アルバムでいいのがないかをいつも探しに行くくらい(笑)。このほか部屋の机にも写真をたくさん貼っていますよー。

X OCT. 2017

お久しぶりのマルモリコンビ

NHKで毎週火曜日の夜に放送している「うたコン」で、久々に福くんと!6年ぶりのNHKホールで「マル・マル・モリ・モリ!」を歌って踊ってきました。もちろん何回か練習はしたんですけど、ちゃんと覚えてるものですね。紅白に出させていただいたときのVTRを見たのですが、自分たちがすごくちっちゃくて驚きました(笑)。

X OCT. 2017

抱きしめたくなるペンケース

ふかふかのクマのぬいぐるみ……じゃなくて実はこれ、筆箱です。ドイツのぬいぐるみブランド〈NICI(ニキ)〉のラブベアちゃん。お友達にプレゼントしてもらったもので、すごく気に入っています。おしりのポケットにハートが入っているのが可愛いでしょ。肌触りもとってもよくて、ついつい撫でたくなっちゃうんです。

12 OCT. 2017

『猿の惑星』、絶賛公開中です!

映画『猿の惑星: 聖戦記(グレート・ウォー)』の公開前夜イベントに、柳沢慎吾さんと出席しました!登場人物の謎の少女「ノバ」に重なるところがあるということで、呼んでいただきました。新三部作はすべて鑑賞しましたが、今回すごく感情移入しちゃって。人間と猿が対立したら、私は猿側についちゃうかなって思いました!

Text&Edit: Kei Yoshida

GINZA2017年12月号掲載