作家/山内マリコが考える『オリーブ』精神 「枯渇期が長かったからこそ憧れた、オリーブ先輩。」

作家/山内マリコが考える『オリーブ』精神 「枯渇期が長かったからこそ憧れた、オリーブ先輩。」

休刊後も熱く語られる機会の多い『オリーブ』。何に惹きつけられたのでしょう?みんなが好きだった『オリーブ』って? 時代とともに変化した雑誌のスピリットを懐かしいページとともに振り返ってみましょう。


枯渇期が長かったからこそ
憧れた、オリーブ先輩。

yamauchi_mariko_pf

山内マリコ
作家

実は私、リアルタイム読者ではなく、遅れてきたオリーブ少女なんです。当時は『オリーブ』より他の雑誌に夢中で、大学で出会った親友に「あなたみたいな人が読んでいないなんて!」と言われました(笑)。その後も手にするチャンスはなく、バックナンバーを読むようになったのは上京してから。25歳を過ぎていたので、『オリーブ』の魔法にはかからなかったけれど、文化的に潤っていて女の子が夢を見られた80年代後半は、トキメキ度が高く、リアルタイムに読んでいたらヤバかったろうな。本の紹介の仕方も、今と情報量はそんなに変わらないのにそそられる構成で、風通しのいい感じが好きです。枯渇期が長かっただけに、『オリーブ』はいつまでたっても手が届かない先輩的存在。ちなみに、デビュー作『ここは退屈迎えに来て』に収録した「やがて哀しき女の子」の主人公は、オリーブモデルをイメージして書いています。

EDITgz04_Img30571_c
90年3月3日号「1990年の、村上春樹の世界」。「観月ありささんが魅力的!」

 

山内マリコ MARIKO YAMAUCHI

1980年富山県生まれ。小説家。『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎)でデビュー。11月17日に最新刊『メガネと放蕩娘』(文藝春秋)が発売。

Photo: Jun Kato Text&Edit: Tomoko Ogawa

 

GINZA2015年4月号別冊付録「おとなのオリーブ」掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年9月号
2019年8月9日発売

GINZA2019年9月号

No.267 / 2019年8月9日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
センスって何?/最新靴バッグ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)