SEARCH GINZA ID

ユースは今、竹内まりやにご執心!ディスクユニオンスタッフ垣畑真由さんが関連作品とともにガイドしてくれました

ユースは今、竹内まりやにご執心!ディスクユニオンスタッフ垣畑真由さんが関連作品とともにガイドしてくれました

ヒップホップが流行し、グルーヴィな音が歓迎されるこの頃。若者たちの間では80年代のシティ・ポップがブームとなり山下達郎を筆頭にパートナーの竹内まりやにも注目が集まっている。そんな流れを汲んでか、彼女の名盤『リクエスト』のリマスターCDが30周年を記念して発売されることに。

『REQUEST』
Warner Music Japan

竹内まりや_REQUEST

1987年山下達郎との結婚後に発表された通算7枚目。アルバムチャートでは1位を獲得し、約4年かけてミリオンを達成したロングセラーとして知られるマスターピース。

あらためてその魅力を解明するべく、ディスクユニオン下北沢店のスタッフであり、1200〜1500枚ものレコードを収集する22歳の垣畑真由が関連作品とともにガイドする。

「モダンな音のセンスに惹かれて彼女のレコードを集めるようになりました。70〜80年代に台頭したロックミュージックであるAORからのインスピレーションなど、背景を妄想するのもたまらないんですよね。また、純愛から不倫まで、女性なら誰しもが共感できるストーリー性の高い歌詞にもぐっと引き込まれます。本作では、映画やドラマのために書き下ろしたテーマ曲から、ほかのシンガーに提供したもののセルフ・カバーまで収録しているのですが、特に好きなのは、中森明菜さんへの『OH NO, OH YES!』。大人のいけない恋愛を題材にしていて、グッドガールな竹内まりやさん本人が歌うと意外性に痺れるんです。ほかにも薬師丸ひろ子さん、中山美穂さんへの曲など、聞き覚えがあるものに出合えるはず。アイドルからシンガー・ソングライターとしての地位を確立した彼女の魅力をさらに知れる、お気に入りの3枚を続いてご紹介します」

 

『LOVE SONGS』
Sony Music

LOVE SONGS

「“和モノクラシック”と言える3作目。ジャケから見て取れるフェミニンな柔らかさだけでなく、内に秘めた強さを感じさせる表現力に同性は憧れますね」

『MISS M』
Sony Music

MISS M

「とにかくバックスタッフが豪華なんです。当時のAORシーンを担っていたエアプレイ、トトなどとコラボレーションして、A面はLAで収録したそう」

VARIETY
Warner Music Japan

VARIETY

「シティ・ポップの鉄板、『プラスティック・ラヴ』が収録されています。ロックンロールからしっとりとしたバラードまで幅広いアプローチに挑んだ1枚」

Profile

垣畑真由 かきはた・まゆ

gz01_IMG_8725

学生。高校時代からディスクユニオンに入り浸り、18歳からアルバイトをスタート。洋楽から和モノまで幅広く掘り1200〜1500枚のレコードを所有。

Text: Ayana Takeuchi Edit: Shun Sato, Akira Takamiya

2018年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)