まるまるとしたペイント、もこもこした立体……。 山瀬まゆみがつくり出す、アブストラクトな作品の源は?

まるまるとしたペイント、もこもこした立体……。 山瀬まゆみがつくり出す、アブストラクトな作品の源は?

まるまるとしたペイント、もこもこした立体……。 山瀬まゆみがつくり出す、アブストラクトな作品の源は?


山瀬まゆみが描くのは彼女の中に存在する、ある形。

「核のある細胞のような形が増殖していくイメージが昔から頭の中にあって、それを描き続けています」  

gz07_IMG_8151

恩師の影響でロンドンの大学へ進学。絵を描く傍ら、ソフトスカルプチャーを始めた。目で見て感触がわかるものが好きだと話す彼女の作品は、平面から立体まで表現方法に際限がない。しかし、やわらかさが伝わってくる“素材感”が一貫している。自分の世界観をつくりあげるために、手法は問わないそう。

今まさに、個展に向けて制作の真っただ中の彼女。

「自分がイメージする形と色を、掘り下げていきたい。もうひと踏ん張り、シンプルなものにしたいんです」  

作品に対しての思いはもちろん、展示に対しての意気込みについても話してくれた。

「これまでは設営にあまり時間をかけず、作品をつくることに重きを置いていました。でも何度か個展をやってきて、見せ方の大切さを痛感して。今回は〈Cale〉を運営する幼なじみと打ち合わせを重ねて、展示のプランを細かく話し合っています。前回の反省点をふまえて、より詰めたものにしたいです」  

まだ名前のない個展だが彼女の新境地となるだろう。

 

『タイトル未定』
7月1日〜7月16日/Cale gallery

gz07_1.jpeg

gz07_2.jpeg

アクリル絵の具で描かれるペイントは、フェルト素材の立体のようなやわらかさを彷彿させる。

 

gz07_yamase_portrait

やませ・まゆみ≫ 1986年生まれ。ロンドン芸術大学Chelsea college of Art and Design、Fine Art科卒業。現在は東京を拠点に、アーティスト、ライター、編集者と幅広く活動している。

Photo: Hideaki Hamada (portrait)
Text: Nozomi Kinoshita

GINZA2017年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)