SEARCH GINZA ID

ゆるかわ、おもかわ大集合で、ほっこり。「日本の素朴絵」三井記念美術館

ゆるかわ、おもかわ大集合で、ほっこり。「日本の素朴絵」三井記念美術館

ここ日本には、ゆる~いものがいっぱい。見れば、つい「かわいい~」と反応してしまう。ちょっとダメな感じ、欠点や残念ポイントすらも愛らしいと思う感性って、実は昔からあったんです。そう教えてくれるのが、三井記念美術館で開催中の「日本の素朴絵」展だ。本展は、日本に昔からあった、様々な形式の作品に緩やかなタッチでおおらかに描かれた絵を集めたもの。「うまい・へた」の物差しでははかることのできない、なんとも不思議な味わいを持った作品が集合している。

はにわ 日本の素朴絵
埴輪(猪を抱える猟師) 1個 古墳時代 個人蔵

本展覧会では、ゆるくとぼけた味わいのある表現で描かれたこれらの絵画を「素朴絵(そぼくえ)」と表現している。絵巻、絵本、掛軸や屏風の絵、季節行事に使う道具、時には仏画として信仰の対象にもなってきた。主な描き手は庶民だが、中には禅僧などの高名な人物によって描かれた素朴絵もある。

もっとも古い時代の素朴な表現として展示されているのが、埴輪(はにわ)や人面の描かれた土器など、立体物。簡略化した人や動物などの像は、手作りの味わいもあって、どこかユーモラス。6世紀になり、仏教の伝来とともに本格的な美術作品も登場するが、山岳仏教が盛んとなり徐々に神仏習合が進むと、仏像や神社に祀られた神像や狛犬など、日本独自の神仏観から生まれてきた庶民的な造形が、多く伝世していく。

過去現在絵因果経(MIHO) 日本の素朴絵
絵因果経断簡 1幅 奈良時代・8世紀 MIHO MUSEUM蔵

絵巻や絵本の絵も、なんとなくマンガっぽくも見える、愛らしい絵がたくさんある。絵と文字を組み合わせる物語小説は、貴族から庶民に至るまで、多くの人々を魅了した。テーマは釈迦や高僧の生涯、寺社の縁起といった宗教的なものから、動物を主人公とした寓話や恋愛譚と幅広い。不思議なかたちの建物や、子どもが描いたような人物など、ほのぼのとした情感と味わいたっぷりだ。

伊勢参詣曼荼羅 日本の素朴絵
伊勢参詣曼荼羅 2幅江戸時代・17世紀三井文庫蔵

古代~中世のコーナーでは、庶民への布教のために庶民の間で描かれた素朴な絵画が展示されている。各地の社寺霊場が描かれた社寺参詣曼荼羅や社寺縁起絵などは、教えを理解するための補助として使われたものと考えられている。地獄を描いた絵も、地獄へ落ちると大変だ…ということを、当時の庶民に伝えていたのだろう。
近世になると社寺に参詣する人々をターゲットに土産物としての素朴が増えていく。信仰心よりはエンタメ感を重視するようになり、極楽や地獄を描いた絵のテイストも、シリアスというよりは、おもしろさ、可愛さが際立つ。

日本の素朴絵 鬼図-如心斎(表千家7代)1幅(三井
鬼図 如心斎(表千家7代)筆 1幅江戸時代・18世紀三井記念美術館蔵

後半では、前半と異なり、意識的に描かれた素朴絵が紹介されている。描き手となったのは、僧侶、茶人や俳人、商人といった知識人たち。彼ら意識的にゆるふわ的に描いた絵の登場により、素朴絵の世界は格段に豊かさを増していった。
昔と今が、ゆるふわ感覚でつながるなんて、思いもよらなかった。日本の素朴な絵は、既存の枠を超えた、フレッシュな美術の楽しみ方をもたらしてくれる。あなたも、ゆる~いタイムスリップへ、出かけてみてはいかが?

【「特別展 日本の素朴絵 ―ゆるい、かわいい、たのしい美術―」三井記念美術館】

開催期間: 開催中~9月1日(日)
時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)*金曜日は19:00まで開館(入館は18:30まで)
休館日: 月曜日 *8月12日(月・祝)は開館
mitsui-museum.jp

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)