SEARCH GINZA ID

上山悠二が語る最新映像トピックス:映画顔負けの作品がずらり! クオリティの高い作品が並ぶ「Vimeo」

上山悠二が語る最新映像トピックス:映画顔負けの作品がずらり! クオリティの高い作品が並ぶ「Vimeo」

たくさんのコンテンツがあふれる今、特にチェックしておきたいことをピックアップ。識者が語る、映像業界のニューウェーブに注目!#最新映像トピックス


映画顔負けの作品がずらり
良質なムービーを見つけよう!

動画共有サービスというとYouTubeが有名ですが、僕が昔から愛用しているのが「Vimeo」です。YouTubeとは違い、高いビットレートで視聴できるため画質がきれいで、世界中のクリエイターがクォリティの高い作品をアップロードしているプラットフォームなんです。

ハッとしたのが、先日のアメリカでの暴動事件。YouTubeではスマホで撮影した臨場感あふれる動画が拡散されましたが、Vimeoを飾ったのはドキュメンタリーのような静かなムービーでした。同じ事象なのに、切り取り方がまったく違う。両プラットフォームの性質の違いが如実に表れていました。

カテゴリーはアニメ、アート、ドキュメンタリー、フード、コメディなど多岐にわたり、長編から短編までさまざま。初めてサイトを訪れたら、“スタッフピック”のタブをチェックしてみてください。Vimeoセレクトの良作が並んでいます。日本語訳がないものがほとんどですが、どれも映画のように作り込まれていて、質の高さがわかると思います。

僕のような作家にとっては、ただ鑑賞するだけでなく、ひとつの表現の場でもあります。Vimeoに集まる人たちはクリエイターや業界関係者であることが多いので、信頼のおける筋に作品を観られているという丁度よいプレッシャーもあるんです。さらにSNS機能がしっかりしているので、閲覧した人からメッセージが来ることも多いですし、結果的に仕事につながることもあります。

もはや読書する感覚に近いので、僕のお気に入りは山ほどあります。10年くらいにわたってチェックしたlikeの数を数えたら、5000〜6000ほどありました。手の込んだコマ撮り作品も、現代的なアニメーションも、台詞こそないけれど世界観がにじむショートムービーも好き。ぜひ気になるサムネイルをクリックしてみてください。良質な作品に必ず出合えると思います。

上山さんのおすすめ作品4選

『Something of a Habit』(14)

NY在住のラウルとロバートによる短編。優雅に車を走らせる男が向かった先は……。「ラストが衝撃です。日本でここまでの作品を作るのは難しいでしょうね」

『TAME IMPALA – Feels Like We Only Go Backwards』(12)

クレイアニメを得意とするベッキーとジョーによるMV。「すべて粘土で作られているので、ちょっとしたコマの揺れが温かい。制作の裏側も公開されています」

『Wednesday with Goddard』(16)

デザイナー、ニコラス・メナールの短編アニメ。「ミニマムな画面構成や温度を感じる色彩と質感が特徴。静かで美しい物語に、かわいいキャラの動きが温かい作品」

『Diesel XXX SFW – 30th Birthday Party Invitation』(09)

〈ディーゼル〉の10周年を記念して作られた公式ムービー。「ポルノにアニメをかぶせてマッシュアップする、その発想が最高。元ネタのZINEも手に入れました」

Profile

上山悠二 かみやま・ゆうじ

アートディレクター。広告制作会社を経て2009年に独立。アーティストのMV制作やアパレルブランドの映像制作など多岐にわたって活動。

Illustration: Masaki Takahashi Text: Neo Iida

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)