SEARCH GINZA ID

NENE 『NENE』Shame『Songs of Praise』etc. 冬越しのパートナーミュージック3選

NENE 『NENE』Shame『Songs of Praise』etc. 冬越しのパートナーミュージック3選

しんしんと冷え込む季節、まずは耳から温まっては? 心までポカポカにするプレイリストです。


NENE
『NENE』
Mary Joy Recordings

NENE 『NENE』

ゆるふわギャングのSophieeが別名義でソロアルバムを発表。「東京の中のオアシス」をイメージした今作は、本家のビートメーカーAutomaticとOHLDのEstraがプロデュースし、ポジティブなバイブスに包まれた。ラッパーRyugo Ishida、5lack、Saluをフィーチャーした曲も要マーク。ほか「稼ぐ女」ではインディロックバンドChromaticsの「Kill For Love」を大胆にサンプリングした。

 

Shame
『Songs of Praise』
Dead Oceans / Hostess

Shame 『Songs of Praise』

盛り上がりをみせている、サウス・ロンドンのブリクストン。そのロックシーンを牽引する5人組、シェイムのデビューアルバムが到着。ザ・フォール、テレヴィジョン、ワイヤーなどから影響を受けたニュー・ウェーヴ/ポスト・パンクな音で彼らの初期衝動が刻み込まれた。デビュー前にもかかわらずグラストンベリーフェスティヴァルへの出演を果たし、熱い視線が注がれているライヴバンドの誕生を見逃さないで。

 

DAOKO
『THANK YOU BLUE』
TOY’S FACTORY

DAOKO 『THANK YOU BLUE』

1stシングル「ShibuyaK」から、岡村靖幸がプロデュースし、ヴォーカルを共にした「ステップアップLOVE」までのシングル曲を収録した2ndアルバム。ほかにもD.A.N.、サカナクションの江島啓一、Tempalayなどとコラボレーションした曲もあり、彼らの個性と寄り沿うことによりDAOKOの新たな可能性が浮き彫りに。弾けるエレクトロニックから、ダークでメロウなナンバー、ローファイなロックまで幅広い。

Text: Ayana Takeuchi Edit: Shun Sato, Akira Takamiya

2018年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年2月号
2020年1月11日発売

GINZA2020年2月号

No.272 / 2020年1月11日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
FASHION SNAP!
260人の私服大調査!

おしゃれな人
大集合!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)