SEARCH GINZA ID

次に行ってみたい国「ニュージーランド」で体験する森星さんの10のコト。

次に行ってみたい国「ニュージーランド」で体験する森星さんの10のコト。

ニュージーランドの南島北西部にある国立公園「アベル・タスマン」は、美しい海の自然が楽しめる国内でも人気のスポット。アクティビティも盛んに行われており、トレッキングのほか、世界中からシーカヤックを目当てに沢山の観光客が訪れる。

いつか、また世界へ飛び立てる日が来たら、新たな旅の目的地としてニュージーランドはいかが?自然と一体化するコンパクトシティが点在し、アートやカルチャーに対する考えも寛大である。さらには、食やコスメのオーガニック先進地としても有名。フリーダムな空気が流れる国の知られざる魅力を旅の賢者に聞いてみた。


 

旅人3

森星,ニュージーランド,NEW ZEALAND

森星さん

モデル。国内外のファッション誌や広告などで活躍。2015年に「公益財団法人プラン·インターナショナル·ジャパン」のBecause I am a Girlエンジェルに就任。また、発酵人の田上彩氏らとともにサステナブル・フードトラック「edain」を運営。「farm to table(新鮮でオーガニックな食材を、農場から食卓へ)」をテーマに、体にも環境にも優しい食を提供している。また、ginzamagの人気連載「半径5mのサステナブル」も好評掲載中。

YouTube:『Hikari Mori

Instagram: @hikari

 

「“ニュージーランドを訪ねる”というのは、私のto doリストに入っている項目です。移住をした知人から、あらゆる面で“循環”のいい国であるということを聞きました。例えば、ファッションやコスメでは、トレンドと同じく持続可能性も重要視されているそうです。地球と働く人にも優しい素材を用いて、デザイン性も高いブランドもたくさん出てきています。美しい自然に囲まれている環境が当たり前にあるからこそ、ひらめくのかもしれません。そんなものづくりや暮らしやすさをキープする姿勢は、日本の私たちも参考にできることがたくさんありそう。個人的な話になりますが、このところジャケ買いするナチュールは、高確率でニュージーランド産なんです。ささやなかな偶然に、不思議な縁を感じ、憧れは膨らむばかりです。いつか行くことができたら、湖畔に佇むロッジにステイして心の赴くままに過ごしてみたい。現地で暮らしているかのような旅の仕方が理想ですね」

 

Hikari’s Recommendation

ニュージーランド政府観光局

newzealand,佐藤香菜,ニュージーランド

ニュージーランド政府観光局では、ニュージーランドの地元の人たちから世界の人々に向け、エールやさまざまなメッセージを送る「ニュージーランドからのメッセージ」というシリーズ動画を配信しています。また以前のように、国境を越えた移動が自由に出来るその日を、私たちは心待ちにしています。

公式HP

ワインやはちみつなどがそろう、ニュージーランド産商品のオンラインフェア「キアオラ・ニュージーランド」が楽天市場で開催中!

ニュージーランド

Text: Mako Matsuoka  Edit: Yu-ka Matsumoto

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2021年5月号
2021年4月12日発売

GINZA2021年5月号

No.287 / 2021年4月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
カラフルを着て街へ出たい

思い切って色を楽しむ
春のファッション

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)