SEARCH GINZA ID

ギンザ淑女のニッポン歳時記 大晦日に狐が提灯を下げて集まる伝説「狐火」

ギンザ淑女のニッポン歳時記 大晦日に狐が提灯を下げて集まる伝説「狐火」

知っておきたい日本の言葉、季節のあれこれ。


今月の言葉

狐火きつねび

火の気のない里山に、ぽつぽつと松明の灯のようなものが飛んで見える怪現象を、まるで狐が提灯行列をしているようだとして「狐火」と言いました。狐が馬や人間の骨を掘り起こして咥え、骨のりんが空気と反応して燃えるとの俗説もありましたが、今では光の屈折が原因かと言われています。春から秋にかけて見られますが、大晦日に東京の王子稲荷神社に全国の狐が提灯を下げて集まるという伝説から、狐火は冬の季語になりました。

 

今月の神様

付喪神つくもがみ

ニッポン歳時記

立春前の煤払いの時に捨てられた古道具たち。「長年人々の暮らしに尽くしてきたのにこの仕打ちはひどい」と言って、人間への復讐を企てます。妖怪に化けて悪さをしますが最後には改心して成仏するという物語が『付喪神絵巻』に描かれています。割れた茶釜や数珠などが擬人化されて登場して愉快です。物にも魂があると考えた、古来の日本人の感覚。断捨離全盛の今、なんだか気になります。

 

今月の文様小物

結び文の皿むすびもんのさら

小皿 梅結び/吉祥結び/あわじ結び

紐を結ぶという行為は、中のものを封じて鍵をかけることが目的でした。その後、特に茶道具をしまう袋=仕覆しふくの結び目が蝶や花を表す複雑で美的なものへと発展していったのです。のし袋にかけられた水引の結び目にもさまざまな種類があり、それぞれに意味が込められています。固く結ばれ解けないご縁や長寿の意味合いが込められた結び文の皿は和洋の境を越えていて、コンテンポラリーなデザインに見えます。

左から 小皿 吉祥結び/あわじ結び /梅結び *赤 各¥2,000(田清窯)

 

今月の和菓子

顔見世かおみせ

木守木守顔見世 ういろう

江戸時代、歌舞伎役者は劇場と年間契約を結び、1年ごとにその顔ぶれが変わりました。新しい役者の発表は11月で、これを「顔見世」と呼んだのです。今でも11月の歌舞伎座、12月の京都南座の「顔見世興行」は特に有名です。市川團十郎や海老蔵などの屋号である成田屋の紋「三升」を型押しした、着物の袖を思わせる和菓子から、年の瀬の歌舞伎の華やぎを想像します。

二重にしたういろうで白小豆粒餡を挟んだ生菓子。〈顔見世〉¥400 *12月販売(お菓子調進所 一幸庵)

 

Photo: Kaori Oouchi (wagashi), Natsumi Kakuto (sara) Illustration: Hisae Maeda Text&Edit: Mari Matsubara

GINZA2020年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年8月号
2021年7月12日発売

GINZA2021年8月号

No.290 / 2021年7月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
新感覚
コレクター白書

おしゃれな人たちの
集めているもの見せて!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)