SEARCH GINZA ID

ギンザ淑女のニッポン歳時記 お正月のしめ飾りや鏡餅に使われるシダの葉をあらわす言葉「裏白・楪」

ギンザ淑女のニッポン歳時記 お正月のしめ飾りや鏡餅に使われるシダの葉をあらわす言葉「裏白・楪」

知っておきたい日本の言葉、季節のあれこれ。


今月の言葉

裏白・楪うらじろ・ゆずりは

お正月のしめ飾りや鏡餅に必ず使われるシダの葉。裏側が真っ白なので「うらじろ」と呼ばれます。日本の植物分類上でもウラジロ科ウラジロ属に属します。シダは伐り取った後もなかなかしおれず青々としており、必ず2枚の葉が対になって生えるので、仲のいい夫婦の象徴と見られました。楪もお飾りに使われることがあります。新芽が出ると古い葉が垂れ下がることから、親から子へ座を譲る世代交代を表しているそうです。

 

今月の神様

天照大神アマテラスオオカミ

ギンザ淑女のニッポン歳時記

古今東西の文化において太陽神は崇拝されてきましたが、日本ではアマテラスが太陽を司ります。イザナギ・イザナミの間に生まれたこの女神は、弟スサノオの乱暴に怒り、天岩戸あめのいわとに引きこもってしまいます。世の中は真っ暗闇に。アメノウズメが桶を踏み鳴らし、半裸で踊って神々が大騒ぎすると、様子が気になるアマテラスは岩戸を少しだけ開いた。その瞬間外へ引きずり出され、世界は再び明るくなりました。

 

今月の文様小物

宝尽くし紋たからづくしもんのタンブラー

宝尽くし紋のタンブラー

打ち出の小槌(=振れば宝が出る)、丁子(=貴重な薬や香料)、宝巻(=お経の巻物)、天狗の隠れ蓑(=魔物から身を守る)、分銅(=お金をはかる)など、ラッキーチャームがちりばめられた文様。古くから着物や調度品の柄として使われてきました。伝統的な意匠が現代のプロダクトにも生きています。

〈サーモマグ〉とのコラボ商品で、二重構造のステンレスタンブラーの表面に天然漆で絵付け。〈URUSHI MOBILE TUMBLER〉¥6,500(土直漆器)

 

今月の和菓子

福徳ふくとくせんべい

木守木守福徳せんべい

金を表す黄色と銀を表す白色の餅種を焼き、色違いを合わせたモナカ。その形は福俵や打ち出の小槌などをかたどっています。中には、金花糖や土人形でできた縁起のいいモチーフが入っています。何が入っているかはモナカを割ってからのお楽しみ。江戸時代にはお城の落成祝い菓子として、明治以降はお正月菓子として親しまれてきた金沢銘菓です。

中の人形はほかに招き猫や大黒天、巾着など。〈福徳せんべい〉1個 ¥270〜*12月〜1月初旬販売(落雁 諸江屋)

 

Photo: Chihiro Oshima (wagashi), Hiromi Kurokawa (komono) Illustration: Hisae Maeda Text&Edit: Mari Matsubara

GINZA2020年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年8月号
2021年7月12日発売

GINZA2021年8月号

No.290 / 2021年7月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
新感覚
コレクター白書

おしゃれな人たちの
集めているもの見せて!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)