SEARCH GINZA ID

いつだって、ぬいぐるみ推し。作品づくりにも影響を受けたポップな仲間

いつだって、ぬいぐるみ推し。作品づくりにも影響を受けたポップな仲間

大人になった今も、癒やしやクリエイションのヒントをくれる、自分だけの宝物。さまざまなジャンルで活躍する4人に、愛してやまない大切なコレクションを見せてもらいました。


イラストレーター
MA1LLさん

 幼い頃から、ぬいぐるみに囲まれていたMA1LLさん。今も実家に保管している。
「両親が頻繁に買ってくれたので、昔から身近な存在でした。クマやイヌ、ブタ、うさぎといった動物が好きで、現在も自分の描くイラストに頻繁に登場しています。思い入れがあるのは、パペットにもなるクマと、弟と人形遊びをしていた犬。そして、20代半ばの気持ちが沈んでいた時期に母親がくれたブタ。当時、腕の音符の刺繡を押すといびきをかいて動く姿に元気をもらっていた」
ボディのバランス感にも惹かれるという。
「体に比べて大きい手足は、小さい子どものようでかわいい。キャラクター感の強い目も好きです。友人がプレゼントしてくれた『バーニー&フレンズ』に出てくるベイビー・ポップや、沖縄旅行で出合ったスパム缶のスパミーくん、フリーマーケットで購入した『セサミストリート』のミス・ピギーなど。小学生時代にグッズを買いそろえていたサンダーバニーは、胴が長いので、かつては、枕としても活用していました(笑)」

江ノ島オッパーラで見つけたネコや、ベイビー・ポップ、ミス・ピギー、スパミー君は手元に置いている。

MA1LL マイル

SIMI LAB所属。ミュージシャンのアートワークを手がける。本誌連載「私的なオノマトペ」の挿し絵も。

Text&Edit: Nico Araki 

GINZA2022年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2023年4月号
2023年3月10日発売

GINZA2023年4月号

No.310 / 2023年3月10日発売 / 特別定価880円

This Issue:
流行と人気

2023年春のムードは
どんなもの?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)