少女の夢がひらく、シュルレアリスムの世界。「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」

少女の夢がひらく、シュルレアリスムの世界。「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」

50年代の優雅なドレスに身を包んだ女性たち。でも、彼女たちの頭は、馬になっちゃっていたり、扇子や水差しといったモノになっちゃっていたり、パラシュートにくっついて、空を飛んでいたりもする。 ……と、言葉で書くと、結構ホラーな感じになってしまうけれど、これらはすべてコラージュの作品。そこはかとなく漂うファッションセンスは、ひと目みればおわかりいただけるだろう。

岡上淑子 コラージュ作品 東京都写真美術館
《沈黙の奇蹟》©Okanoue Toshiko, 東京都写真美術館蔵

私もこの展覧会まで、岡上淑子というアーティストを知らなかった。彼女は、1928年生まれ。デザインを学ぶ学生だった20代前半にコラージュという手法を得て、1950年代に彗星のごとく日本の美術界に登場した。正真正銘、少女だった頃に、彼女は自分の夢や空想で思い描く光景を、コラージュに託したのだった。

岡上淑子 コラージュ作品 
《轍》©Okanoue Toshiko, 高知県立美術館蔵

洋裁やデザインを学んでいた岡上は、とある授業で切り絵をすることになり、そこでたまたま頭部が切り離された女性の切り抜きを見てハッとしたという。時代のモードに敏感に反応していた彼女は、国内のファッション雑誌には飽き足らず、LIFEのような海外のグラフ雑誌や、VOGUEやHarper’sBAZAARといったファッション誌を素材に、次々とフォトコラージュ作品を生み出していく。当時、ファッション界は優雅でクラシカルな“ニュールック”全盛期。岡上の作品に登場するのは、そんな、ディオールやバレンシアガのたっぷりと生地をつかった贅沢なドレスをまとった女性たちだ。本展には当時のドレスが4点出品されていて、当時のムードを感じることができる。

岡上淑子 コラージュ作品
《水族館》©Okanoue Toshiko, 栃木県立美術館蔵

まるでお姫様のような登場人物たちは、コラージュによって、海や空と一体化することもあれば、廃墟のような場所にぽつりといることもある。そして、パリやニューヨークの大都市に、ビルと同じくらいの大きさで現れたりもする。そんなふうに、脈絡があるような?ないような?世界が、日本におけるシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造に見出されたのだった。瀧口は彼女にシュルレアリスムの存在を伝え、岡上は大いに刺激を受ける。そして、天啓ともいえるような、マックス・エルンストによるコラージュとの出会い。そこから彼女の作品世界はますます花開いていく。 一見関係のなさそうなものを同じ次元に置くことで想像力を刺激するシュルレアリスム。時空を超えて羽ばたく岡上の世界観は、不思議だけど、ロマンティックで、妙に腑に落ちる。少女の頃に夢想した世界はこんなふうだったのかもしれない、と思わせる説得力があるのだ。

岡上淑子 コラージュ作品
《夜間訪問》©Okanoue Toshiko, 東京国立近代美術館蔵

作品のほとんどはモノクロ。そして、夜の光景が多い。たしかに、女性たちがドレスアップするのは夜だ。彼女たちはきらびやかな衣装で、日常とはかけ離れた夜の世界へと出掛け、そこでつかの間の夢を見る。岡上の作品は、夜開く女たちの夢の世界のようだ。美しい女性たちは自信に満ちていて、その時間を謳歌している。同時に、その時間は儚い夢であることもわかっているみたいに見える。岡上が集中的にコラージュ作品を制作したのは、1950年から56年までの極限られた期間。その後、結婚を機に、コラージュからは離れていく。まるでシンデレラが夜中の12時までしかいられないように。

岡上淑子 コラージュ作品
《幻想》©Okanoue Toshiko, 個人蔵

展覧会を観て気づいたのは、今こそこのシュルレアリスムの世界の自由さを、私たちが求めているのかもしれないということだ。一見関係のなさそうなもの同士がつながり、また別の世界が浮かび上がってくる。観るうち、エンドレスに広がっていく想像力に、わくわくしてくる。ある雑誌の記事で、岡上は読者であろう少女たちに向けて、ハサミと紙と糊があれば、高価なネックレスと同じくらい心躍るものができるはず、と語っている。その言葉に激しく共感せずにいられない。欲しいものがあれば、自分で生み出せばいい。女の子の想像力は無限大。そのパワーは、50年代も今も変わらないのだ。

 

【岡上淑子略歴】
1928年 高知県に生まれる。3歳の頃家族とともに東京に転居
1939年~45年 第2次世界大戦
1945年5月、自宅近くが空襲を受け、7月、高知県に疎開。終戦後の9月、東京の自宅に戻る。
1950年頃 文化学院デザイン科在学中よりコラージュ作品の制作を始める
1953年 タケミヤ画廊で初めて個展を開催。「抽象と幻想」展(東京国立近代美術館)に出品
1957年 結婚を機に制作から遠ざかる
1967年 高知市に転居する
2000年 44年ぶりに個展(第一生命南ギャラリー、東京)を開催する
2002年 米国ヒューストン美術館で個展開催
2018年 高知県立美術館で個展を開催

 

岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟
会期: 開催中~4月7日(日)
開館時間: 10:00–18:00(入館は閉館の30分前まで)
※3月29日(金)、30日(土)、4月5日(金)、6日(土)は夜20:00まで開館(入館は19:30まで)
休館日: 第2・第4水曜日(2/27,3/13,27)
会場: 東京都庭園美術館本館+新館ギャラリー1
入館料: 一般=900円/大学生(専修・各種専門学校含)=720円/中・高校生=450円/65歳以上=450円

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)