SEARCH GINZA ID

音楽家・OLAibi×写真家・松原博子のサウンド&フォトブック発売記念イベント

音楽家・OLAibi×写真家・松原博子のサウンド&フォトブック発売記念イベント

森と大地からインスピレーションを受け音楽を作り続けるOLAibi(オライビ)。泥をまとった彼女の姿を写真家・松原博子が捉え、新曲を収録したサウンド&フォトブック『聴こえない馬』が完成。2022年2月19日(土)から3月6日(日)、表参道の「CIBONE」にてポップアップイベントが開かれる。


自然に惹かれ、森に移り住み、森から音を録り続けるOLAibiの音楽は、静かで力強く、プリミティブな魅力を放つ。

モンゴルにルーツを持ち、18歳でドイツに渡ったのちOOIOO(オー・オー・アイ・オー・オー)のドラマーとして活動。OLAibiは様々な国や民族の言語をカタカナに置き換え、ドラムや民族楽器、おもちゃのキーボードをサンプリングしたビートに、自然から録取した音を重ねていく。過去にはCharaやKOM_Iといったアーティストらとも共演してきた。

そんな彼女に惹かれていたのが、GINZAにも度々素晴らしい写真を届けてくれている写真家の松原博子氏。「泥にまみれたい」という衝動から奄美大島に向かったOLAibiを追い、大島紬の泥染め工房の泥田に裸で飛び込む姿を捉えた。

OLAibi, CIBONE, 聴こえない馬

OLAibiの身体に泥で文様を描いたのは、画家・絵本作家のミロコマチコ。色、模様のそれぞれが生命力に満ちている。

こうやって出来上がった一冊からは、静謐でありながら原始的な美しさが溢れてくる。それは写真の強さでもあり、被写体の持つ類い稀な個性でもあり、泥と文様というものの持つパワーでもある。

同時収録されているのは、新曲『聴こえない馬』。OLAibiが自然界から“採取”したホワイトノイズによって紡がれた一曲だ。

表参道「CIBONE」のポップアップイベントでは、OLAibiと親交の深いkitta氏とeri氏の協力のもと、OLAibiの世界観が多角的に紹介される。

「CIBONE」の店内に、テキスタイルアーティストのkitta氏による柿渋で染めた美しい布で緩やかな境界をつくり、OLAibiサウンドが体験できる部屋を配置。また、ヴィンテージショップ「DEPT」はじめ数々のブランドを手がけるeri氏がOLAibiとともに過ごした時間や感覚を集め、写真と言葉で綴る「#オライビの森」が会場の一間で展開される。

サウンドデザイナーとしては、山道具・菜食食堂・音楽の店「山食音」店主の東岳志氏が参加。

ユニークな才能の周りに集う様々な才能と、その交流の軌跡。“音楽”というくくりにとらわれず、森や自然の芸術性を感じられる空間だ。

【OLAibi Sound & Photo Book『聴こえない馬』POP UP EVENT】

会期: 2022年2月19日(土)〜3月6日(日)
*2022年2月19日(土)12:00〜16:00はOLAibiが在廊。
会場: CIBONE
住所: 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1
Tel: 03-6721-5301
営業時間: 11:00〜20:00(最終日は〜18:00)

CIBONE公式ホームページ

Text: Motoko KUROKI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)