編集MKのお惚気ほれぼれ紙袋♡チュニジアで見つけた紙袋たちをイントロデュース!

編集MKのお惚気ほれぼれ紙袋♡チュニジアで見つけた紙袋たちをイントロデュース!

皆さんこんにちは! アッサラームアレイコン! このたび新しくGINZA編集部の一員となりました、編集MKです。冒頭の挨拶はアラビア語の「こんにちは」です。GINZA編集部に入った、と思いきやとたんに夏休みで、バカンス先からコラムの第一回をお届けさせていただきます。コラムのテーマは、紙袋です!(決してペーパーバッグとかおしゃれに呼ぼうとしない)

 

お買い物のあと、紙袋を提げて歩いていると、キラキラした満足感がむくむくと膨らんできませんか? そうしておうちに帰ると、紙袋ごとしばらく戦利品を眺めたりして。本題はその中身のはずなのに、なかなか捨てられないのがショップバッグ。

紙袋――それはひとつの小宇宙。お店のスタイルをそれとなく表現し、ときには店舗情報も伝えるメディアともなる。それでいながら、「買っちゃった♡」というウキウキを優しくしっかり包み込んでくれるもの。いつでもどこでもまっすぐと立つその姿に、いつもほれぼれしてしまうのです。そして、四角は四角でもそこにはさまざまなバリエーションが。大きかったり小さかったり、縦長だったち横長だったり。持ち手も、紐だったり紙だったり。覗けば覗くほど奥深い紙袋の世界に、そろそろ本気出してダイブしてみたいと思います。

集合写真

さて、第一回は北アフリカはチュニジアからお届け(唐突! 私のバカンス事情により…)。まずは集合写真から。フランスの植民地だったこの地では、フランス系のショップが多く入っています。一方、チュニジア発で展開するお店も負けていません。

撮影場所:チュニス郊外の街ラ・マルサに住む友人宅。

 

それでは順番に・・・。

エントリー№1
40×46×20㎝。持ち手:本体と同系色の紐。

エントリー№1

ひときわ大きく、茶色い紙素材がザ・紙袋なこちらは、メディナと呼ばれるチュニス旧市街にある、絨毯やクッションなどを扱うお店「Ed Dar」のもの。親子三代で旧市街でお店を開いているらしく、取り扱う絨毯は現代の手作りからヴィンテージまで様々とのこと。正面には、アルファベットとアラビア文字で書かれた店名が模様のように連なっています。側面にはお店の住所とURLが。大物を扱うお店ならではのたっぷりしたサイズ感も魅力ながら、店名アピールをしながらもうるさくない前面の意匠が◎。

 

エントリー№2
35×41×12㎝。持ち手:ゴールドの細紐。

エントリー№2

バルセロナ、パリ、ミラノなどのヨーロッパ主要都市からマグレブ諸都市まで展開するアパレルブランド「GIOS EPPO」のショップバッグ。白地にゴールドのアラビア文字が伸びやかに描かれているさまにときめきます! 持ち手の色を合わせているところも高ポイント。

 

エントリー№3
22×24×22㎝。持ち手:ゴールドの紐。

エントリー№3

コーティングされた硬めの素材でできた紙袋は、チュニジアの伝統菓子やチョコレート、ジュースなどを扱う「グルマンディーズ」のもの。しっかりとした素材や紐がクラス感を主張。文字は正面にのみ入っていて、Facebookマークがあるのが今風。底がほぼ正方形の紙袋は、ピスタチオジュースを買った時のもの。ケーキも売っているお店なので、こういう底の広い紙袋があるのでしょう。横から見ると、ちょっとふとっちょなんだけどこのうえないしっかり者、という印象。

 

エントリー№4
17×22×10㎝。持ち手:本体と同色の紐。

エントリー№4

№3と同じお店のもの。チョコレートショップやパティスリーの標準的な形・大きさ。茶色地に金の文字が入ると、チョコレート屋さんだということが瞬時に伝わるという不思議…。写真だと伝わりづらいですが、本体に対して少し長めの持ち手は、提げた時に袋が楽し気に揺れる、いい塩梅。

 

エントリー№5
23×22×8㎝。持ち手:本体と同色の髪紐。

エントリー№5

チュニジアを中心に展開される、高級コスメショップ「FATALES」のバッグ。黒地に白いロゴ、スッと入った白いラインが効いています。お店は、シャネルやディオールなど、いわゆるデパートメントコスメ系を揃えたショップですが、といいつつブルジョワ(日本から撤退してしまったので久々の再会でした!)やリンメルなども。コスメならではの小振りサイズのこの袋の、ほぼ正方形の面構えにキュン。側面には店舗リストが。そしてこの紙袋の私的ポイントは、底に紙袋メーカーのURLが入っていること!! Rotasacと検索してみると、どうやらチュニジアの紙袋専門メーカーらしい。普段はなかなか自己主張をしない紙袋自体の作り手ですが、ここへ来てその存在を強く意識させられました。

№5-2

 

エントリー№6
22×30×10㎝。持ち手:紺の紐。

エントリー№6

みんな大好き「PETIT BATEAU」。滞在している街のショッピングセンターに入っていました。白と紺の爽やかさ、ロゴやマークの収まり具合、文句の付けようがありません。持ち手をロゴと同じ色にするという手法は紙袋界で多く見られますが、この紙袋に関しては、その配色の妙がとりわけ重要な気がします。もしこの持ち手が白だったら、全体の印象も大きく変わるでしょう。ありがとう、「ハンドルも紺にしよう」と言ってくれたどこかのムッシュー。少し太めで短く作られた紺の紐、キュートです! ちなみにサイズはこれが最小とのこと。定番のタンクトップやTシャツのパックを横にして入れてぴったりくらいです。

 

エントリー№7
24×35×10㎝。持ち手:黒の紙紐。

エントリー№7

イギリス発のランジェリーブランド「Etam」は、フランス語圏でも大人気。お手頃価格でかわいい下着や部屋着を見つけられます。そんなEtamの袋は、なんと角底ではなく、両脇を綴じて底にマチを付けたマチ付きニ方袋スタイル! これは珍しい~。四角いところが紙袋の肝、といいながらも、たまにはこんなのもいい。大体下着って、ショーツだけ買ったりしたら全くかさ張らないし、普通の四角い袋だと口が空いて中身が(たとえ中袋で包んでいても)見えてしまうのが少し嫌ですもんね。うん、画期的!

エントリー№7-2

以上、紙袋事情をつらつらお送りしてきましたが、紙袋から見える世界の多彩さ、お伝えできましたでしょうか。今日も、明日も、思わずほれぼれするような紙袋を求めて街に繰り出したいと思います。そのうち、紙袋から買い物するお店を選ぶ、なーんてスタンスもできてくるかも??(MK)

編集MK

猫やらセックスやらを特集する女性誌から異動し、この夏GINZAに参入。旅行には服も下着も2セットしか持って行きません。現地で変なお土産Tシャツを見つけたい…♡

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)