SEARCH GINZA ID

常田大希のサンクチュアリVol.1 ディレクター・OSRINが語るPERIMETRON

常田大希のサンクチュアリVol.1 ディレクター・OSRINが語るPERIMETRON

2021年2月12日発売のGINZA3月号「いちばん気になる人」特集では、常田大希率いるmillennium paradeを大解剖! 特別に過去のGINZA2020年8月号「映像クリエイターズ!」特集から、millennium paradeやKing Gnuを映像面から支えるクリエイティブレーベル「PERIMETRON」に迫った記事をご紹介。

多彩なクリエイターが集い、横のつながりによって活動し、プロジェクトごとに編成が変わるPERIMETRON。旗揚げメンバーの1人である映像作家、アートディレクターのOSRINさんが語る、その成り立ちと変遷とは。


2016年のある秋、クラブイベントでPERIMETRONの胎動が起こっていた。

「もともと、プロデュースをしていた(佐々木)集とは知り合いで。イベントの撮影依頼を受けて行った先で(常田)大希が出ていて。そこで3人が会ったのがはじまりですね。それからは気の合う周りのクリエイターに加わってもらうことで、足りないパーツを集めてカスタマイズしてる感覚。みんな個性が違ってあまりにも能動的なやつらなんで、キメラみたいなツギハギ感があるけれど、魂はひとつ。お互いライバルでもあり、妥協が許されない環境ではあります」

大事にするものとそうでないもの

King Gnuがブレイクし、milennium paradeや他アーティストのMVなどもハイペースで制作する日々。変わったこと、変わらないことは何だろうか。

「根本的には変わってないと思いますが、大事にするものとそうでないものを分け始めたかな。好きなものを共有すること、節目に皆でアホみたいに酒を飲んでバイブスを調整する”宴”とかは変わらず大事にしてます。あと僕はmilennium paradeのMVを『lostand found』まで監督していましたが、チームが大きくなってきたので戦略図を変えました。『Fly with me』からはやらずに、意見があるときは言っていこうと」

「Slumberland」「そなちね」が転機に

ターニングポイントとなった作品はどれだろう。

「『あなたは蜃気楼』は限られた予算、撮影時間のなかで100人以上の演者やスタッフ、広い空間をコントロールして世界観を作り上げることの難しさを学びましたね。それからいくつかの映像制作を経て、『Slumberland』で大規模なものがうまくできるようになった。『Slumberland』は、ポップやキャッチー、クールといった要素に対するバランスがつかめてきたタイミングでした。Tempalayの『そなちね』は集がシナリオを書いて枠を決めて、僕がそれをどう撮るかに集中して。2人の感覚で作っていた部分を分けてみたら、撮影に足りない要素を客観視できるようになったりして、よかったですね」

新しい可能性のある場にドアを置きたい

音楽をベースにした5分ほどの映像という制限があるなかで、MV表現のバリエーションは、新しい技法を用いたり、メッセージの伝え方もストレートであったり比喩的であったりと、幅広く模索されている。

「とにかく自分たちは経験値がなかったので、トライできる要素はできるだけ映像に入れてきました。いずれにしても、観る人に対して、ドアノブをつけるところまでで止めています。ただ、こういうドアもあるよっていうドアノブは必要。開けるのか、どう見るのかは自由。あとは今、PERIMETRONへの先入観がついてきていると思うので、もう少し違う可能性のある場にドアを置く必要もあるんじゃないかとは考えてます」

PERIMETRONとしての展望は。

「尺に縛られないものをやりたいっすね。それと、世界で作品展をやること。日本の市場だけじゃ面白くないし、いかに言語を超えたものを表現できるかっていう挑戦でもある。まぁメンバーそれぞれの展望があるんじゃないかな。方向性は遠くないと思いますけれども」

 

GINZA最新号(3月号)は、2021年2月12日発売!

GINZA3月号|表紙

GINZA最新号は以下から購入できます!

マガジンハウス|マガジンワールドamazon-btn

関連記事

常田大希に再び迫る! 最新号にそなえて昨年8月号「クリエイティブ集団 PERIMETRONの世界」を特別におさらい

常田大希のサンクチュアリVol.2 クルーに聞く、一問一答「WE ARE PERIMETRON!!!」

常田大希のサンクチュアリVol.3 millennium paradeの仲間と映像の作り方

常田大希のサンクチュアリVol.4 PERIMETRONとつながるクリエイター、アニメーションアーティスト・ディレクター 山田遼志

常田大希のサンクチュアリvol.5 PERIMETRONとつながるクリエイター、映画監督 内山拓也

OSRIN

哲学や心理学、歴史が好きで、今の時代に何を作るべきかを常に考えている。30歳を目前に個人的な活動として、将来実現したいビジョンを示す“企画書”としての絵本を出版予定。

Photo: Taro Mizutani Hair: TAKAI Text&Edit: Sayuri Kobayashi

GINZA2020年8月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年7月号
2021年6月10日発売

GINZA2021年7月号

No.289 / 2021年6月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
クリエイターたちの住居
夏のお部屋訪問

すてきなお部屋41軒
夏の家庭訪問です!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)