SEARCH GINZA ID

箱根のポーラ美術館に香水瓶約80点が集結。モードとアートの出会いを紐解く展示が開催

箱根のポーラ美術館に香水瓶約80点が集結。モードとアートの出会いを紐解く展示が開催

シュルレアリスムの芸術家たちが手がけた香水瓶や広告を紹介した展覧会『モードとアートの香水瓶―ポワレ、スキャパレッリ、ディオール』が、箱根の「ポーラ美術館」にて開催される。会期は2019年12月15日(日)から2020年4月5日(日)まで。


同日よりスタートする『シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本のシュール』展の関連企画として開催される本展覧会。シュルレアリスムが大きく発展した1920年代から1940年代にかけて制作された香水瓶にフォーカスしている。期間中は、およそ80点の瓶に加え、メゾンの広告や絵画も並ぶ。

1908年、フランスにてファッションデザイナーのポール・ポワレが創設した「ロジーヌ香水」を発端に、オートクチュールメゾンが香水の販売を始める。1920年代には、香りは各メゾンの世界観を演出する重要な存在に。多くのメゾンは香りはだけでなくボトルの形にも工夫を凝らし、ルネ・ラリックやシュルレアリスムのメンバーなど、同時代の芸術家たちもその造形に携わった。

本展では、メゾンの世界観を表現した香水瓶から芸術家たちが手がけた作品を中心に紹介。ラウル・デュフィとコラボレーションしたポワレを起点とし、サルバドール・ダリをはじめとするシュルレアリストとの親交も深かったエルザ・スキャッパレッリ、ゲランやクリスチャン・ディオールなどのボトルが展示される。

20世紀から現代までの香水瓶の軌跡を辿ることができる本展。どうぞお見逃しなく。

【モードとアートの香水瓶―ポワレ、スキャパレッリ、ディオール】

開催期間: 2019年12月15日(日)〜2020年4月5日(日) ※会期中無休
開館時間: 9:00〜17:00 (最終入館は16:30)
開催場所: ポーラ美術館
住所: 神奈川県⾜柄下郡箱根町仙⽯原⼩塚⼭1285
入館料: 大人1,800円、シニア (65歳以上)1,600円、大学・高校生1,300円、中学生以下は無料
Tel: 0460-84-2111

Text: Maki Takahashi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)