BD漫画が生身のバレエ映画に!『ポリーナ、私を踊る』フランス発のモノクロ漫画

BD漫画が生身のバレエ映画に!『ポリーナ、私を踊る』フランス発のモノクロ漫画

BD新時代を象徴する実力派作家、『塩素の味』のバスティアン・ヴィヴェスがバレリーナを目指す少女の成長を描く『ポリーナ』。日本のバレエ漫画とはまったく異なるアプローチで描かれた本作を読んだとき、1冊完結の物語では到底味わえない、上質な映画を観たあとのような読後感にじわわわんとなったものだ。このフランス発のモノクロ漫画が『ポリーナ、私を踊る』として母国で映画化された。

監督を務めるのは、ドキュメンタリーや長編映画を手がけてきた女性監督ヴァレリー・ミュラー。そしてバレエダンサーでありコンテンポラリーダンスの振付家として知られるアンジュラン・プレルジョカージュの2人。映画は原作のストーリーラインをなぞりながらもオリジナルの要素を多く含むが、ポリーナという強い眼差しを持った女性が与える印象は変わらない。原作でも直接触れられることはなかった葛藤する彼女の内面は、生身のダンスとして表現されている。ポリーナを演じるのは、バレエカンパニー・マリインスキー劇場に所属するダンサーのアナスタシア・シェフツォワ。厳格な師のもと鍛えられた少女が、今生きる自分を体現する踊りをつかみ取るまでの、逞しく美しい旅の物語だ。

 

『ポリーナ、私を踊る』(16)

gz11_サブ_s

gz11_メインs

ロシア人の少女ポリーナは、両親の金銭問題に悩まされつつも、憧れのボリショイ・バレエ団のオーディションに合格。ところが、コンテンポラリーダンスと出会い運命が大きく変わり始める。ジュリエット・ビノシュが振付家役で登場。10/28公開。

映画『ポリーナ、私を踊る』公式サイト

©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels  – UCG Images – France 2 Cinema © Carole Bethuel – Everybody on Deck

 

『ポリーナ』

0114_polina_付き物_入稿_out

gz11_ポリーナ_カット03

バスティアン・ヴィヴェス著/原正人訳/ShoPro Books/¥1,800

6歳の頃に出会った恩師ボジンスキーとの交流、友人、恋人との関係を通して、バレエダンサーとして成長していく様を描く。

©2011 Casterman

Photo: Masayuki Shioda Text: Akira Takamiya Edit: Shun Sato, Akira Takamiya

GINZA2017年11号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年9月号
2019年8月9日発売

GINZA2019年9月号

No.267 / 2019年8月9日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
センスって何?/最新靴バッグ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)