恋愛部長「大人の恋の歩き方」vol.17 悲観と楽観、逆ならいいのに!

恋愛部長「大人の恋の歩き方」vol.17 悲観と楽観、逆ならいいのに!

こんな名前でブログや連載書いてるせいで、よく恋愛のアドバイスを求められます。で、私も毎回状況をよーく聞いて、必死に考え答えます。

基本的に私は、相手の気持ちがホントはどこにあるのかを見てから答えるようにしていて、「この恋は見込みがなさそうだ」とどこかでわかっているのにズルズルしている人には、そこから一歩出る勇気をあげられるように答えます。
逆に、すごく好きなのに、「相手の気持ちが分からないからもうあきらめようと思う」みたいに言う人には、「もうひと押ししてちゃんと可能性がないことを確かめなくていいの?」と言います。
ホントは、好きなのに、あきらめたい。ホントは、続けてはダメだとわかっているのに、続けてしまう。そういうアンビバレンスって誰でもあるものです。
そういうのはしょうがないなーって思う。
でも、よく相談に乗ってて思うんですが、不思議なことに、楽観的になったほうがいい人に限って悲観的になりやすく、いいかげん悲観的になったほうがよくない?と思う人が案外楽観的だったりするんです。
例えば。何度も誘ってくれる彼がいて、どうもこちらを好ましいという言動もちらほら見える。だけど、つい試すようなことを言ってしまい、せっかくの機会を逃している。もうあきらめようかと思う。みたいな。

客観的に聞いてると、どう考えても脈がありそうなのに、肝心の本人は悲観的で、なぜだかネガな方ネガな方の情報を取って来てしまう。「なんで?そんな悪い方にばっか考えてるからダメなんじゃん!」と私なんかは思う。
逆に。どう考えても本命が別にいる男とズルズル仲よくしてて、何かにつけて「俺お前とはそういうことないから」ってけん制されてるのに、やっぱり好きで、何度も近づこうとしては逃げられてる。みたいな。
これは、どう見ても勝ち目ないし、今のまま行くと、彼から煙たがられるだけだからいったん距離を置いたら?と思うんだけど、なぜかそういう人に限って妙にポジティブシンキングで、「でも彼は私のこと、すごく大事って言ってくれたの!」なんて言い出す。

そんなちっちゃいところに光明を見出しちゃダメ――――!って言いたくなります。これ、別にめずらしい話じゃなくて、ほんっと多いからね。マジで。
みんななぜ!っていつも思う。
私がブログ上げても、「もっと楽観的になったほうがいいよ」って記事に、むしろ楽観的すぎる人(君はもっと状況をシビアに見たほうがいいよ、というような人)が反応し、逆に、「こういうケースもあるから慎重に」って記事に、慎重すぎて手も足も出ない人が反応しちゃうことがよくあって(苦笑)。これ、ホント説明が難しいんですよね。
でも、人間て、自分の見たいものを見て、聞きたい情報を聞く。それだと思うんですよね。

つねに疑心暗鬼になってしまいがちな人は、もっともっとネガになる情報を無意識で探してたりする。そして、見たくないものを見ないようにして過ごしている人は、自分を安心させるような見方、考え方を探してる。
だから楽観と悲観が、逆に作用することが多いんじゃないかと思うんです。

恋愛っていうのは、客観性を持つのがすごく難しいと思う。だからこそ、客観性を持って自分の状況を冷静に見極められたら最強って思うんですよね・・・。
なんて言いつつ、私自身も、自分の恋愛となると、まったく客観性も冷静さも欠くのがつねでした。恋愛部長とかって名乗ってブログ書いてるさなかでも、彼氏と別れて次の恋探してたりもしましたが、自分で自分に助けを求めたくなってましたもん(爆)。

「恋愛部長!助けてー!暴走する自分の妄想が抑えられない!」って。
そういう時のために、私にはもう一人の自分、分身のような親友がいて。その親友が、恋愛部長が言いそうなこと、しょっちゅう言ってることを頭に入れてくれてるので、私がいくら錯乱していても、「まあまあ、そういうときはこう考えろって、恋愛部長も言ってるよ。」となだめてくれるんです。ホントに助かる!ありがとう!わが親友。
皆さんも、どうか心のどこかに、この、「楽観したほうがいい人に限って悲観しやすく、悲観したほうがいい人が楽観的になりやすい」という謎法則を書きとめておいてください。そして、もしもの時のために、「絶対この人だったらちゃんとしたアドバイスくれる」って人をキープすることです。
(もし必要なら、前もって恋愛部長のブログを共有しといて、もしもの時に備えるのもいいですよ。共通言語で悩み相談できるって最強です笑。)
他人の恋の話だったら、いとも簡単に分かるのに、自分のこととなるとまるで状況が見えなくなってしまう。因果なものです。
まあだからこそ、恋って、楽しくてハマってしまうのかもしれませんけどね。

恋愛部長 れんあいぶちょう

20代に恋愛で失敗を繰り返したことから、様々な独自の恋愛理論を編み出し、2008年から恋愛ブログ「恋はいばら道」をスタート。過去の失敗談を披露したり、多くの人の恋愛相談に乗ったりしている。私生活では、38歳で留学を機に当時結婚を考えていた彼氏と別れ、40歳で知り合った現在の夫と結婚、出産。現在は、広告代理店で働くかたわら、1男1女を子育て中。著書に、『28歳からの必勝ルール~恋愛部長の恋のムチ』『にっちもさっちもいかない恋がうまくいく本』(大和出版)。

HP: http://renaibucho.com
NOTE(恋愛相談): https://note.mu/renaibucho


カシワイ

装画や挿絵などのイラストレーションや漫画を描く。リイド社より単行本『107号室通信』を刊行。

HP: sankakukeixyz.wixsite.com/kfkx
instagram: @kfkx_
twitter: @kfkx_

Text: Renaibucho Cover Illustration: KASHIWAI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)