連載 大人の恋の歩き方 vol.2 要注意人物、自分

連載  大人の恋の歩き方 vol.2 要注意人物、自分

要注意人物、自分

こんにちは!恋愛部長です。
名前が仰々しいので、さぞや恋愛道の猛者、スーパーモテモテキラキラ女子かと思われてしまうこともあるんですが、何度でも言いますよ、逆です。真逆です。「失敗から学ぶ」がコンセプトです。そこんとこ、よろしくおねがいします。

さて、恋がうまくいかないときって、何が障壁になってると思います?
恋敵の女ですか?相手が忙しいせい?つまり会社や上司ってことですか?それとも物理的な距離ですか?
私が思うに、私の恋がうまくいかなかったのは、十中八九、いやいや十中九十、自分のせいです。
自分がぶっ壊してるんです。いつも。(爆)
もちろん、相手がまったく振り向いてくれない恋は、自分が魅力的じゃないので、明らかに自分のせいですが。
うまくいったのに、うまくいきかけたのに、結局相手の気持ちが冷めて離れて行ってしまったのは、大体私のせい。
私のありあまる恋愛エネルギーと、行き過ぎた妄想パワーのせいだと思ってる。
最初は「別に~」と思っていた相手でも、向こうが私に気があるかも?と思ったとたんに、ロックオン!
「意外といいんじゃない?」「彼、ありじゃない?」と膨らむ妄想。走り出す暴走機関車。
そうなるともう意識しちゃって、自然にふるまえないし、頭の中彼いっぱいで、何も手につかない状態。
送ったメッセージに反応がない。なんで?どうして?考え出すともうケータイも手放せない。(そんでそのまま夜じゅう手に持って寝る)

私、本当に好きになると冷静さを欠くタイプです。っていうか、みんなそうだよね?!
でも、そういう、ロックオン状態の時に限って、最初は気がありそうだった彼がスススーっと引いてっちゃうんですよね。
もしくは、付き合ってる彼が、急に連絡を寄こさなくなったりだとか。(怖い!怖すぎる!)
そして、引かれると半狂乱になってしまうのも人間の性。
夜中彼氏のうちまで出かけて行き、必死にピンポンして居留守使われた女は私です。

それで、私、ある時気づいたんですよ。
私の恋の最大の敵は自分自身だなって。
なんかボクサーみたいでカッコいいですけど、恋愛も戦いみたいなもんですよ。自分との。
で、自分を冷静にコントロールできれば、恋はうまくいくんだってこともわかった。
そして、そんな風に、頭でわかってコントロールできるなら、苦労しないよってことも(死)。
そう、そうなのよ。コントロールできないんですよ。大人になっても、いくつになっても。だから恋はいつまでたっても大変なんです。
だからせめて、「恋愛にとって自分が最大の敵!」って心に刻もう、と思った。
とりあえず、標語にでもして。
要注意人物、自分。
そして、もし恋に盲目になって来たら、無理やりにでも恋愛以外を向くようにする。
メールやらメッセージを送りたくなったら、深呼吸して、おなかに力を入れてとりあえず我慢してみる、とか。
久しぶりに会えたんだから今日はもっともっとずーっと一緒にいたい!と思っても、あえて少し早く帰るとか。
そういう具体的な行動を、意識的にやるようにした。
名付けて、「腹八分目恋愛法」!

10でも20でも行けちゃうところを、あえて8割でセーブするっていう方法。

恋愛ってのは、相手とのパワーバランスが大事なんですよね。こっちが盛り上がりすぎると相手が下がる。
こっちが押しすぎれば相手は引くしかなくなる。
恋愛で大事なのは、いかに自分だけが盛り上がらずに、相手を盛り上がらせるか、です。
そのために、自分ばっかりやりたいことを相手に押し付けちゃだめで。
相手が自発的にこっちに来るように、仕掛けるのが、大事。
相手に自分をもっともっと好きになってもらうのが大事。
自分がもっと好きになるよりも、ずっと難しいことですけど。それができたら、恋愛ってうまくいくんです。
好きだって気持ちがそんなにあふれかえってるなら、彼のために何でもやる!どんなことでもやる!って意気込みがあるなら、その情熱、そのパワーを、彼を追いかけさせるために、自分の欲求を我慢することに使う。
そのほうが、絶対いい。
そもそもは、まだ付き合う前だったら、彼が自分に夢中になるまでは、そんなに自分ばっかテンション上げない!
小さな恋の予兆を拡大して大騒ぎしないこと。
何なら一回Hしたくらいで、付き合ってるなんて浮かれない!

そして、付き合ったからって、彼が自分に空いてる時間100%を提供するはずだなんて思わない!
恋で頭いっぱいになりやすいのが我々女ですけれど、「あ~いま我を失ってるなー」って思ったら、迷わず有り余ったエネルギーを解放する場所をつくるべしです。仕事でも趣味でもなんでもいいからさ。
私は、あまりに頭が彼でいっぱいで仕事も手につかないときは、エステかマッサージにでも行って、長風呂して、めんどくさい料理に取り組んだりしてましたね。
心を無にできるものに没頭する。そしてワインでも一杯飲んで、さっさと寝る。それが一番。
女友達と飲んだりすると、ずーっと気になる彼の話して深酒したりして、あろうことかおかしな探りメールを酔ったはずみで送っちゃったりするでしょ?そういう危険行為は先手で封印しましょう。
送りそうになってた、感情的なメッセージなんかは、とりあえず次の日の朝まで凍結です。
大体、ものすごく気をもんだことも、次の日にはあっさり解決してたりするものなので。
暴走機関車の自分がなにかしでかす前に、さっさと店じまいにするに限るってもんです。

恋って、何かと自信を失うものですが。自分が魅力的じゃないから恋がうまくいかないんじゃなくて。
実は、自分のあふれ出るエネルギーが、相手に向かって放出されて顔面直撃しているがためにうまくいかなくなってる可能性のほうが高いものです。

心当たりのある方、いるんじゃないですか?

文/恋愛部長 れんあいぶちょう

20代に恋愛で失敗を繰り返したことから、様々な独自の恋愛理論を編み出し、2008年から恋愛ブログ「恋はいばら道」をスタート。過去の失敗談を披露したり、多くの人の恋愛相談に乗ったりしている。私生活では、38歳で留学を機に当時結婚を考えていた彼氏と別れ、40歳で知り合った現在の夫と結婚、出産。現在は、広告代理店で働くかたわら、1男1女を子育て中。
著書に、『28歳からの必勝ルール~恋愛部長の恋のムチ』『にっちもさっちもいかない恋がうまくいく本』(大和出版)。
Webサイト:renaibucho.com NOTE(恋愛相談):note.mu/


アートワーク/カシワイ

装画や挿絵などのイラストレーションや漫画を描く。リイド社より単行本『107号室通信』を刊行。

HP: sankakukeixyz.wixsite.com/kfkx
instagram: @kfkx_
twitter: @kfkx_

Text:Renaibucho Cover illustration:KASHIWAI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)