新作は、海底の月面?写真家・野口里佳が、沖縄の海底で見つけた光の環。個展『海底』がタカ・イシイギャラリーで開催中

新作は、海底の月面?写真家・野口里佳が、沖縄の海底で見つけた光の環。個展『海底』がタカ・イシイギャラリーで開催中

写真家・野口里佳の作品には、いつもハッとさせられる。日常の延長のようなシーンなのに、どうにも目が留まる。それは、たまたま目にした風景から、空とか星とか宇宙とか、なんだかすごく大きなことに思いをめぐらせてしまう瞬間に近いように思う。とても身近なところから、ぐんと遠いところにいきなり飛んでしまう感覚は、軽やかで、楽しい。そんな野口の視線は「異邦人の眼」とも評される。

野口里佳の個展『海底』が、9月9日から東京・六本木のタカ・イシイギャラリー東京で開催されている。1996年「写真新世紀」でグランプリ受賞、以来国内外で高い評価を得る写真家として活動する野口。12年にわたって滞在したドイツ・ベルリンを離れ、今年から拠点を沖縄に移したという。

今回展示されるのは、その沖縄の海で撮影された新作12点。写真新世紀を受賞した作品「潜る人」(1995 年)、「星の色」(2004 年)に続く水中写真のシリーズだ。

海底を、ダイバーが周囲をライトで照らしながら歩く。海底には、太陽の光も届かないし、重力も効かない。暗闇の中、ふわりとしたダイバーの歩みや、光の環となって輝くライトが不思議な光景を作り出している。それは宇宙の様子にも見えるし、トワイライトゾーンのような異次元世界にも見える。

RNG_1709_Press image_02_72dpi_1200px

野口里佳《海底 #2》2017年 Cプリント ©Noguchi Rika / Courtesy of Taka Ishii Gallery

これまでも野口は、遠い空飛ぶロケットの小さな姿を写した写真(「HⅡA・F4」(2002 年))や、バスから見えるベルリンの夜景を星や銀河が輝く宇宙空間かのように撮った『夜の星へ』(2016年)など、誰にも身近な光景を遥か彼方の異空間に見せてしまう写真を多く発表してきた。思いもよらなかった方向から光があてられて、当たり前の日常は異なる姿を見せる。だからか、彼女の写真を見ると自分のいる世界がちょっと好きになる。

RNG_1709_Insta_027_72dpi_1200px

野口里佳 「海底」 展示風景 Courtesy of Taka Ishii Gallery Tokyo / Photo: Kenji Takahashi

野口は、初期の『潜る人』シリーズを「月面に行こうとした作品」と語る。その話を聞くと、それに続く今回の『海底』のダイバーが、月面を歩く人のように見えてくる。

そろそろ秋の気配が近づいてきた今日この頃。お月見の季節にこそ、彼女の目に映るもうひとつの月面(=海底)に思いを馳せてみるのもいいかもしれない。

RNG_1709_Insta_002_72dpi_1200px

野口里佳 「海底」 展示風景 Courtesy of Taka Ishii Gallery Tokyo / Photo: Kenji Takahashi

 

野口里佳(のぐち・りか)

1971 年大宮市(現さいたま市)生まれ。1994 年に日本大学芸術学部写真学科を卒業、12 年間のベルリン滞在を経て現在沖縄を拠点に活動。主な個展に、「光は未来に届く」IZU PHOTO MUSEUM(静岡、2011年)、「太陽」モンギン・アートセンター(ソウル、2007 年)、「星の色」DAAD ギャラリー(ベルリン、2006年)、「彼等 野口里佳」アイコンギャラリー(バーミンガム、2004 年)、「飛ぶ夢を見た 野口里佳」原美術館(東京、2004 年)など。9月15日には写真集『創造の記録』を刊行。初期の作品に未発表の写真2点を加えて収録する、初の全編モノクロ写真集となる。

 

 

野口里佳 「海底」
会期: 2017 年9 月9 日(土)- 10 月7 日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー 東京
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
入場無料
URL:http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/17059/

野口里佳 x 平野啓一郎 トークイベント
代官山フォトフェア Talk Session

日時:9 月30 日(土)14:00 – 15:30 / 会場:代官山ヒルサイドフォーラム Exhibition Room
参加費:500 円 / 定員40 名 / お申し込み:当日先着順

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)