ギンザ淑女のニッポン教養 6月「夏越の祓」で感じる1年の折り返し

ギンザ淑女のニッポン教養 6月「夏越の祓」で感じる1年の折り返し

大人になる前に 知っておきたい 日本の言葉、 季節のあれこれ。


夏越なごしはらえ

今月の言葉

旧暦の6月末には上半期の穢れを落とし、残り半年を災禍なく過ごすための厄除け「夏越の祓」を行いました。新暦に変わった今でも6月30日を厄払いの日として、各地で伝統行事が行われます。茅の輪くぐりもその一つ。茅を束ね編んだ大きな輪を鳥居の下や参道の中央に据えます。参拝客はその輪を左回り、右回りの順に8の字を描くように3回くぐるのが作法です。昨今猛暑厳しい日本で、青々とした茅の輪が夏バテから救ってくれるといいのですが。

 

スサノオ(牛頭天王)ごずてんのう

スサノオ(牛頭天王)

今月の神様

スサノオが旅の一夜を過ごす庵を探していると、巨旦将来と蘇民将来という兄弟に遭遇しました。巨旦将来は裕福なのに宿を貸さず、蘇民将来は貧しいながらスサノオを精いっぱいもてなしました。後日、スサノオは再び蘇民将来の元を訪ね、「茅で作った輪を腰に下げておくように」と言って去りました。その年に疫病が流行すると、茅の輪を下げた蘇民将来一家だけが生き残り、他の者は皆死んでしまいました。この逸話から、現在でも6月に神社の境内に大きな茅の輪を設け、この輪をくぐって参拝することで日々の穢れを祓い、夏を乗り切る精気を与えてもらいます。

 

水無月みなづき

水無月 和菓子

今月の和菓子

平安時代の宮中では、暑気払いの意味を込めて旧暦の6月1日に氷を食す行事がありました。当時、氷は山奥の氷室に貯蔵してわざわざ取り寄せる高級品だったので、庶民の口にはまず入らなかった。そこで三角形のういろうを氷のかけらに見立て、邪気を払うと考えられた小豆をのせた和菓子「水無月」が誕生したのです。

水無月✴︎1個¥300✴︎6/6~7/6の期間限定(HIGASHIYA)

 

まつ

祝儀袋

今月のたしなみ文具

6月は結婚式シーズンですね。結婚式に招かれて、慌ててご祝儀袋を用意するときに注意したいのが、水引のかけ方です。左は「結び切り」、結婚式など人生に1度きりの慶事に用います。右側の「花結び」はいわゆる蝶結びで、ほどいて何度も結べることから、何度あってもいい出産祝いや開店祝い、長寿の祝いなどに使いましょう。

左 婚礼用金封¥600、右 祝用金封¥500(共に榛原)

Photo: Chihiro Oshima Illustration: Hisae Maeda Text&Edit: Mari Matsubara

GINZA2019年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年9月号
2019年8月9日発売

GINZA2019年9月号

No.267 / 2019年8月9日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
センスって何?/最新靴バッグ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)