SEARCH GINZA ID

山崎ナオコーラ、柴崎友香、藤野可織、金原ひとみ、島本理生、 5人の女性作家による「秋のファッション短篇集」ができるまで

山崎ナオコーラ、柴崎友香、藤野可織、金原ひとみ、島本理生、 5人の女性作家による「秋のファッション短篇集」ができるまで

山崎ナオコーラ、柴崎友香、藤野可織、金原ひとみ、島本理生。
5人の女性作家にファッションにまつわるショートショートを書いていただく→そこからイメージした5つのビジュアルページをつくる。月刊誌の短いタームで大人気作家から原稿いただいてファッションページに広げて…そんなことができるのか!? でも大好きな作家に大好きなファッションのお話を書いていただけるなんて夢のよう…いろんな意味で昂る気持ちを抑えつつ、オファーしたのが7月下旬。今季のトレンドからそれぞれの作家とマッチしそうなキーワードいくつかを投げて、やりとりした後テーマを決めた。

山崎ナオコーラさん→ワンピース
柴崎友香さん→手袋、マフラーやコートなど冬物を増やしていく楽しみ
藤野可織さん→植物柄
金原ひとみさん→指輪
島本理生さん→透け感、肌の一部が覗く服

楽しみに待つこと1ヶ月、原稿が届いた。「読む」ファッションを体感した最高の瞬間だった。一刻も早くその興奮をシェアしたくてホカホカの原稿をみんなに送る。みんな、というのはいつもギンザを作っている「見せる」プロたち。そこからは物語に触発された、いつもとすこし違う熱を帯びた現場がそれぞれにあった。たとえば金原ひとみさんの『スパーク』を担当したカメラマン荒井俊哉さんとスタイリスト上杉美雪さん。金原さんから届いた原稿から“道ならぬ恋”を読み取った2人は、初回の打ち合わせから盛り上がる盛り上がる。恋い焦がれる男に会う時、女が身に纏うのはどんなジュエリー?どんなストッキング?どんなドレス…?妄想がスパークしまくっておりました。

秋から冬とじっくり季節が深まっていく今、物語にインスパイアされておしゃれをしてみるのはどうでしょうか。目で見て決めるのではなく、言葉や文章からイメージを膨らまして着こなしを考えるのも素敵なもの。ストーリーのどこかに必ず共感してもらえる女性が登場すると思うので、ぜひ手に取って読んでみていただければ嬉しいです。
IMG_0691

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)