SEARCH GINZA ID

蓮沼執太 がGINZAガールに薦めるプレイリスト vol.8「真夜中の間へ into the lengthening nights」

蓮沼執太 がGINZAガールに薦めるプレイリスト vol.8「真夜中の間へ into the lengthening nights」

音楽を軸にしながら、アート、舞台、広告などで自由自在な活躍を見せる蓮沼執太さん(音楽家・作曲家)が、GINZAガールのためにテーマごとに選曲するプレイリスト連載。第8回では、これから12月末の冬至に向けて、長くなりゆく夜に聴きたい音楽を選んでくださいました。


蓮沼執太プレイリスト

Shuta Hasunuma
 音楽家・作曲家

 

Playlist Theme: 真夜中の間へ into the lengthening nights
Apple Musicで聴くなら こちら
Spotifyで聴くなら こちら

蓮沼執太 インタビュー

「前回は夏から秋への季節の変わり目に感じる「哀愁」をテーマに選曲してみましたが、今回は少しディープに。

秋から冬にかけての長い夜に聴きたい音楽を、新譜も入れながらセレクトしました。ジャンルは一貫しませんが(笑)、寺尾紗穂さんの名曲『新秋名果』からはじまり、WilcoやLindstromやFloating Pointsの秋にリリースされた新譜、Azimuth や Imperial Wonders で気持ちを暖かくして、Stephan Micusで集中力が増したところで、高橋アキさんによる Morton Feldmanを。

最後のペルトの楽曲で寝落ちしているでしょう」

Playlist

1 寺尾紗穂 / 新秋名果

2 Wilco / Everyone Hides

3 Azimuth / Linha do Horizonte

4 Arthur Russell / You Did it Yourself

5 The Jaz / The Originators

6 JC Davis / A New Day (is Here At Last)

7 Imperial Wonders / Just a Dream

8 Lindstrøm / Really Deep Snow

9 Floating Points / Falaise

10 Stephan Micus / Part 3 (56 Flowerpots)

11 Aki Takahashi / For Bunita Marcus: Mm. 290-557 by Morton Feldman

12 Terry Riley / A Rainbow in Curved Air, for electric piano, dumbak & tambourines

13 Alexander Malter / Fur Alina: 2 by Arvo Part

Design & Illustration: Kohji Fukunaga, Mana Yamamoto Edit: Milli Kawaguchi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)