編集K、10年ぶりのテニス復活の軌跡。ただのイケメンじゃ物足りないあなたへ。 テニス界のスターな男問題

編集K、10年ぶりのテニス復活の軌跡。ただのイケメンじゃ物足りないあなたへ。 テニス界のスターな男問題

ヘアの弾力に関しては錦織くんとジョコヴィッチのトップ争い僅差じゃない?そんな話を行きつけの美容院の男の子(テニスファン)としてたのよ。そう、上位のテニスプレイヤーって基本地味(ナダルは別よ)。イケメンと呼ばれる選手はたくさんいるけど、かつてのアガシのようなウェアやヘアスタイルなどで話題を呼ぶ個性派はあまり見かけない気がするの。だからダスティン・ブラウンを観たときにはときめいたわ。
www.dustinbrown.de

www.dustinbrown.de

まずテニスプレイヤーらしからぬレゲエミュージシャンかアーティストみたいな出で立ちがかっこいいじゃない。とてもファッショナブルな選手。長い手足と自由なプレイスタイルはほんと素敵よ。

 

 

あとはなんといってもダニエル太郎。

ダニエル太郎公式ブログ

日本とアメリカのハーフで居住地はスペイン。ルックスも背景も憧れるわ。
「僕、テニスするときキャップ後ろ被りしてるんですけどダニエル太郎に似てるって言われるんスよ」件の美容院ボーイが言う。ノーノー、ぜんぜん似てないから。キャップの被り方だけで言っちゃだめよ。

でもなんだかんだ松岡修造のスタイルの良さも凄いものがあるわ。コナカの広告を地下鉄で見るたびに感心してるんだけれど。

編集K

美容院のテニスボーイは九州の強豪校出身の本格派。寮生活で日夜テニスをやり尽くした反動で美容の道に進んだそうよ。人生いろいろ。
※サムネイル写真はwww.dustinbrown.deよりお借りしました。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)