名画のセレクトには、名コレクターの魂あり。三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」

名画のセレクトには、名コレクターの魂あり。三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」

Share it!

美術コレクターというと、最近は目が飛び出るような価格で美術品を取引する人たちが浮かぶ。三菱一号館美術館で開催中のフィリップス・コレクション展は、セザンヌ、ドガ、ボナール、ブラック、ピカソ、ゴーガンなどなど、そうそうたるラインナップ。これらの名作を一企業が持っている!?それって総額いくらなんだ……という途方もない気持ちになる。
ところが、展覧会は、コレクション魂とあくなき蒐集への情熱が感じられる、筋の通ったものだった。お金のことなんて1ミリも浮かばない。未来があると信じたアーティストをバックアップする良きパトロンの姿、そして、コレクションを創り出していく気概が感じられる展覧会だ。

マチスの絵画的実験がいろいろ詰まった名作。一緒に行った友人は、「この絵でごはん三杯いける」と言っていた……。アンリ・マティス《サン・ミシェル河岸のアトリエ》1916年 油彩/カンヴァス フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection

画家はいずれも近代美術をおしすすめた一流揃い。何かの展覧会で一度は目にしたことのあるアーティストばかりだ。でも、ここで見られるのは、おや?と思うちょっとした不思議な作品が多い。例えば、タヒチの絵を多く描いたゴーガンも、ここに展示されているのは巨大なハムの絵だ。静物画の中でも、こんなにハムが堂々と描かれた絵は初めて見た。しかも、脂身のところとかがなんとも美味しそう。ゴーギャンはユーモアでこれを描いた? うーん、とっても気になる。

ハム フィリップコレクション 三菱一号館 美術館ポール・ゴーガン《ハム》1889年 油彩/カンヴァス フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection

冒頭のドガの《稽古をする踊り子》も、よく見ると足がどこから生えてるのかよくわからない。かなりおかしなことになっている。これは、絵画としてのバランスを考えてのことなのか。それとも、後ろと手前の人の足のどちらかわからなくする巧妙な実験なのか。

ピエール・ボナール フィリップコレクション 三菱一号館 美術館ピエール・ボナール 《棕櫚の木》1926年 油彩/カンヴァス フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection

素晴らしいのはボナールのラインナップ。現在、新国立美術館ではボナールの個展が開催中。それと合わせてここでも複数のボナール作品が見られる。東京で一度にこんなにたくさんのボナールが見られるのは、なんという贅沢! コレクションを築いたダンカン・フィリップスは、ボナールをアメリカで大々的に広めた立役者。ピカソとともにキュビスムを代表する画家、ジョルジュ・ブラックのパトロンでもあった。大恐慌時代も画家たちを支援し続け、欲しい作品のためには苦渋の決断で手持ちの名作を売ってまで購入し、コレクションの充実に心血を注いだ。それらの逸話は、ただお金持ちというだけではない美術への並大抵ではない覚悟を教えてくれる。

ジョルジュ・ブラック  フィリップコレクション 三菱一号館 美術館ジョルジュ・ブラック《フィロデンドロン》1952年 油彩/カンヴァス フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection

1921年、ダンカン・フィリップスはワシントンにあった私邸を増築し、ギャラリーを創設。そこを「実験場」と呼び、蒐集した作品を展示した。本展会場のあちこちには、それらのコレクションを私邸やギャラリーに飾っていた様子の写真がある。ボナールの絵が暖炉の上にさらりと掛けてあったり、食卓に大ぶりの絵画があったり。美術館レベルの絵画が生活空間に普通にかかっているのは何だか新鮮。

ギュスターヴ・クールベ  フィリップコレクション 三菱一号館 美術館一見すると、オーソドックスな風景画。でも、水平線は定規で線を引いたかと思うくらいまっすぐ。塗り潰したような空もあいまって、どこか抽象画のようにも見える不思議な作品だ。ギュスターヴ・クールベ 《地中海》1857年 油彩/カンヴァス フィリップス・コレクション蔵 The Phillips Collection

コレクションの核にある近代絵画は、当時実験まっさかり。ダンカン・フィリップス自身も、当初のギャラリーを「実験場」と呼んでいたという。だから、ちょっと変わった絵も多いの?けれど、その中でもこれを選ぶか!という驚きのセレクションは、やっぱりこのコレクターのセンスのような気もする……。ともあれ、あまりに多くの名作に眼福は満タン。この趣味の真相はいかに?なんて思いをめぐらせつつ、三菱一号館のお庭でコーヒーをすするのだった。

 

フィリップス・コレクション展
会期: 開催中~2019年2月11日
会場: 三菱一号館美術館
開館時間: 10:00~18:00(祝日を除く金、第2水、2月4日~8日 ~21:00)
休館日: 月(祝日・振替休日の場合、会期最終週とトークフリーデーの11/26、1/28は開館)、年末年始(12/31、1/1)
料金: 一般 1700円 / 高校・大学生 1000円 / 小学・中学生 500円

柴原聡子

建築設計事務所や美術館勤務を経て、フリーランスの編集・企画・執筆・広報として活動。建築やアートにかかわる記事の執筆、印刷物やウェブサイトを制作するほか、展覧会やイベントの企画・広報も行う。企画した展覧会に「ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室」、「スタジオ・ムンバイ 夏の家」など

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント