方南町の地下に広がる「本当の暗闇」って⁉︎【東京インフラツーリズム】

方南町の地下に広がる「本当の暗闇」って⁉︎【東京インフラツーリズム】

近年、新しい観光のカタチとして注目を集めている「インフラツーリズム」。その名の通り、ダムや橋、トンネルなど社会インフラを対象とした観光が今、東京でも大人気なのだとか。私たちの暮らしを支えるインフラを知れば、東京の街が何倍も面白くなるはず!

神田川・環状七号線地下調節池 at方南町

地下調節池

東京都民のうち、「本当の暗闇」を知る人はどれくらいいるだろう?それを体感できる場所が都内の地下にある。地下調節池は、豪雨時に河川から一時的に水を引き入れる貯水スペース。神田川・環状七号線地下調節池は、南は地下鉄丸の内線の方南町駅から北は西武新宿線の野方駅あたりまで約4・5​kmにわたって延びるトンネルで、東京郊外から都心に向かって流れる妙正寺川、善福寺川、神田川から取水を行うことができる。豪雨時にこれらの川の水量を調節することで、都心を洪水から守っているのだ。貯水量は54万㎥。25​mプール1800個分というから驚く。

レクチャーで示されるデータを見ればその恩恵は瞭然で、トンネル完成以前、平成5年に東京を襲った台風11号は、総雨量288mmという豪雨をもたらし、3117棟が浸水した。が、完成後の平成16年、ほぼ同量の総雨量をもたらした台風16号時の浸水家屋は46棟。調節池により東京の街が守られていることがわかる。

トンネルの偉大さを実感したところで地下探検へ。エレベーターで地下に降りると重厚な扉があり、それが閉じると、あとは闇。懐中電灯を灯すと前方に無機質なトンネルが浮かび上がる。足元からは冷気が伝わってきて、SF映画の世界みたいだ。

しばらく歩くとT字路に突き当たり、左右に延びるさらに大きなトンネルが現れた。これが本線で、この上を環状七号線が走っている。それにしてもこのトンネル、ゴミひとつ落ちていないのが不思議だ。

「台風シーズンの後は清掃しますからね。魚やザリガニなんかも水と一緒に流れ込んでくるので、できる範囲で捕獲して川に戻しています」

人間以外の生物にまで気を配ってくれるとは、なんというホスピタリティ! 約30分間の探検を終えて地上へ出ると、太陽が眩しかった。

東京の地下に巨大な空間がある。そしてそれが私たちの安全な暮らしを守ってくれている。それを知る前と後では確かに何かが違うのだった。

場所: 善福寺川取水施設 東京都杉並区堀ノ内2-1-1
開催日: 通年開催。毎週火・木曜日(祝休日・年末年始のぞく)
開催時間: 10:00〜と14:00〜の2回開催(所要時間は1時間30分程度)
料金: 無料
申し込み方法: 要電話予約。
電話番号: 03-3387-5369(東京都第三建設事務所工事第二課施設維持担当)
*管理上の都合や前日の取水状況、天候や河川の状況により急遽中止になることあり。階段や段差のある箇所を移動するので、歩行や健康状態に不安のある人は要相談

Photo: Masanori Ikeda  Text: Yuriko Kobayashi

GINZA2019年4月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年6月号
2019年5月11日発売

GINZA2019年6月号

No.264 / 2019年5月11日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
初夏の新スタンダード

勝手に新スタンダード!

GINZAスタンダード委員会(スタイリスト、ファッションディターで構成)で、2019年春夏の定番スタイルやアイテムを20項目、勝手に決めました!...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)