SEARCH GINZA ID

豊洲市場で見るべきは抽選制の「マグロのせり」見学【東京インフラツーリズム】

豊洲市場で見るべきは抽選制の「マグロのせり」見学【東京インフラツーリズム】

近年、新しい観光のカタチとして注目を集めている「インフラツーリズム」。その名の通り、ダムや橋、トンネルなど社会インフラを対象とした観光が今、東京でも大人気なのだとか。私たちの暮らしを支えるインフラを知れば、東京の街が何倍も面白くなるはず!

豊洲市場 マグロせり at豊洲

豊洲市場

東京の〝食のインフラ〟を支えている豊洲市場で体験できるのは「マグロのせり」。見学方法には2種類あり、ひとつは予約なしで見学できる2階の見学者コース。5時から17時まで一般開放されている(日曜祝日と休場日は不可)。今回体験したのはもうひとつの事前申し込み&抽選制の見学。こちらは5時45分から6時15分までで、よりせり場に近く音や声も聞こえて臨場感たっぷり。

朝5時半。まだ真っ暗な中、豊洲市場の水産卸売場棟へ。見学者デッキへ向かうと、せり場にはすでに所狭しとマグロが並んでいて、まずはその大きさに仰天!大きいものだと大人の男性くらいの大きさで、ツヤツヤと黒い光を放つボディはまさに「黒いダイヤ」! せり場では仲卸人たちが懐中電灯でマグロのお腹を照らして見たり、かぎ棒で尻尾のあたりを確認したりして、目当てのマグロを細部まで観察している。これは下つけといって、色や肉質、脂ののり具合をチェックして、これならこれくらいの値段で買おうとメモしておくのだそう。

そうこうしているうちに大きな鐘の音とともにせりがスタート。マグロを売る人、買う人の大きな声が怒号のように渦巻いて、こっちの血まで騒いでくる。100本以上あったであろうマグロはものの30分で売れてしまって、人もまばらに。しかーし!豊洲のせり見学の醍醐味はこれだけではない。昼間は大行列の市場内の人気寿司店も早朝は客もまばら。せり場で感じたマグロ熱をそのままに、心ゆくまで新鮮な魚介を食べられるのだ。

そのほか、せり場で多くのおじさまが履いていたヘビーデューティーな長靴や、プロ仕様の調理器具、乾物などの食料品が買える魚がし横丁も早朝からオープン。歩き(食べ)疲れたら芝生が敷かれた屋上庭園で海風に吹かれるもよし、名物の茂助だんごを買うもよし。なんだかんだで昼すぎまで遊べてしまう、盛りだくさんのせり見学なのだった。

場所: 豊洲市場 水産卸売場棟 東京都江東区豊洲6-6-2
開催日: 通年開催(詳細はHPで確認)
開催時間: 5:45〜6:15(抽選なしの見学者コースは5:00〜17:00)
料金: 無料
申し込み方法: インターネットか電話で要予約(抽選制)。詳しくはhttp://www.shijou.metro.tokyo.jp/
受付電話番号は毎月変更。HPで確認のこと(1カ月前から受付)

*マグロせり見学者デッキから見学できるのは、抽選の当選者のみです。魚がし横丁の物販店舗の営業時間はほとんどが午前中〜正午頃です

Photo: Masanori Ikeda  Text: Yuriko Kobayashi

GINZA2019年4月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)