SEARCH GINZA ID

クリスチャン・ヒダカ&タケシ・ムラタ展。エルメス財団が描く二つのナラティブ

クリスチャン・ヒダカ&タケシ・ムラタ展。エルメス財団が描く二つのナラティブ

2022年10月21日(金) から2023年1月31 日(火)まで、銀座の「メゾンエルメス フォーラム」にて、アーティストのクリスチャン・ヒダカとタケシ・ムラタの展覧会『訪問者』が開催される。


日本の血を引きながら、一方はイギリス、一方はアメリカという英語・米語圏文化の中で育った二人のアーティスト。エルメス財団は2022年、独自の手法で現実と虚構を行き来する二作家をつなげる。コンテンポラリー・アートの中に存在するフィクショナルな構造が、それぞれの眼差しで語られていく。

クリスチャン・ヒダカは、1977年に日本で生まれ、現在はロンドンを拠点としている。ルネサンスやシュールレアリズムといった多様な様式に着想しながら、風景画の地平を押し広げた表現者だ。近年は絵画と劇場の類似性に着目。入れ子構造のような空間を感じさせる、奇妙な宇宙を描いている。

タケシ・ムラタは、1974年シカゴ生まれで拠点はロサンゼルス。動画ファイルの圧縮時に発生するエラーを用いて視覚効果を作る「グリッチ・アート」の先駆者でもある。アニメーションやデジタル・メディアの技法を駆使し、メタ世界を通した独特のリアリズムを構築する。

『Visitors(訪問者)』というタイトルは、「世界」と「私」、「我ら」と「誰か」といったものの間にある異質性を示唆してもいる。会場を訪れる人も訪問者であるし、来日する作家らも訪問者だ。そして、作品の中にも「訪問」が表現されているのかもしれない。誰が「訪問者」なのか。そんな問いかけから始まる展覧会では、虚構性と紙一重で存在するリアリティが追求されている。そして、現実と虚構の対立を超えた全く異なる次元に、見る者を誘ってもいるのだろう。

【VIsitors by Christian Hidaka & Takeshi Murata】

会期: 2022年10月21日(金) ~ 2023年1月31 日(火)
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム
住所: 東京都中央区銀座5-4-1 8,9F
時間: 11:00〜19:00(入場は閉場30分前まで)
*入場無料
Tel: 03-3569-3300

Text: Motoko KUROKI

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)