ゆるすぎる…ぬいぐるみ100体が大集合 – Yuri Hasegawa 『 I’ll Love You Later』オリジナルになり損ねた者たちへ

ゆるすぎる…ぬいぐるみ100体が大集合 – Yuri Hasegawa 『 I’ll Love You Later』オリジナルになり損ねた者たちへ

子供の頃、実家にあったバットマンの人形。頭の部分はプラスチック製で、顔から下の部分は布製で作られていて、私たち子供のお気に入りだった。ハードに人形遊びをするうちに、足の部分が内側にぐにゃりと変形してしまった。男らしく強いバットマンの印象とはかけ離れたその内股のプロポーションに、家族は人形のことを「ニセのバットマン」と呼んでケラケラと笑っていた。そんな思い出が蘇る、この気の抜けたぬいぐるみたち。

IMG_5249

2年ほど前、若手アーティストたちが出展するブックフェアで出会ったこのぬいぐるみは、私が会場に着いた頃には完売となっていた。キャラ好きの人には見覚えのあるものばかりだろう。正直、これをGINZAのWEBで取り上げるのって大丈夫なのかと不安はある。このたびユトレヒトで100体(!)を展示する個展が開かれるとのことで、製作者であるアーティスト長谷川有里さんと彼女の作るぬいぐるみたちに会ってきた。(大丈夫、きっとこれは愛に溢れたポップ・アートだから。と信じて。)

 

12825561_1162799100431113_381053944_n

GINZA: く〜! PEZとか集めてたな〜、バッ◯ス・バニーに、セ◯ミ・ストリート、人形持ってたよ…懐かしい。しかしみんな目から魂が抜けたようなゆるい顔だね。小さい頃からモチーフになるようなキャラクターが好きだったの?

長谷川有里: そうかも。キャラとは言っても原体験として最初にやっぱりキン消し(※キン肉マン消しゴム)ありきなんだけど。ばあちゃんが遠出すると、どこからかキン消しの偽物をまとめて買ってきてくれるんだけど、キン消しって基本的にガチャポンで売ってるものでしょ? だから本物はカプセルに入っているはずなんだけど、なぜかおばあちゃんが買ってくるのはビニール袋にまとめて5、6体入っているやつで、子供ながらに「絶対偽物だ!」とわかってばあちゃんには内緒で自分のコレクションとは別のところに保管してた。でも今思うとその子達が可哀想で可哀想で…

 

GINZA: ほほう、なんだか今の作品につながるようなエピソード。オリジナルのものを愛しすぎて変形してしまったり、オリジナルになりそこねたものたちのビザールな哀愁漂う魅力ってすごくよく分かる。最初からぬいぐるみを制作していたの?

長谷川有里: 最初は西海岸のスケートカルチャーに影響を受けて平面作品を作っていたんだけど…何か新しい事を始めたいなと思って、ぬいぐるみを作り始めました(笑)。最初に影響を受けてたのはスパイク・ジョーンズだったかな、BEASTIE BOYSの『Sabotage』のPVとか。あんなに本気でふざけていいんだ、っていう…

LAに滞在しているときに、映画の撮影をボーっと見ていたらスパイク・ジョーンズがいきなりその場に現れたことがあって。興奮してチビリそうになって、「スパイク・ジョーン ズじゃん、アンタ、何してんの!」て話しかけたら、「君こそ何してんの!?」って言われたの。その夜はアメリカから国際電話で三重県の実家に電話したよ(笑)。

※スパイク・ジョーンズ監督の「sabotage」でビースティー・ボーイズが演じた刑事3人はぬいぐるみにもなっている。スパイク愛。

スクリーンショット 2016-11-25 15.50.23

 

 

GINZA: メジャーリーグの選手がぬいぐるみのモチーフになっていたり、イチローをテーマにした展示もSTRANGE STOREでやってたよね。野球が好きなの?

長谷川有里: もともと父が中日ドラゴンズのファンで、小さいときはリトル・リーグに入りたい少女だったの。今もよく見てるよ。こないだは2017年の大谷翔平のカレンダーを買った。ぬいぐるみもそうだけど野球も同じで、心の底から自分の好きなものだから若いころは人に言うのが恥ずかしかったんだけど、やっと最近格好つけずに出せるようになってきた部分かも。

 

かねてから集めていたというイチローのスクラップを一斉に展示した「イチロー展」@Strange Store 2016.10.8-10.31

 

Yuri Hasegawaさん(@yurippe85)が投稿した写真

MLBオークランド・アスレチックスの投手、ローリー・フィンガーズくるりんぱ髭がトレードマーク。

 

GINZA: GINZAはファッション誌なので、ファッションのこだわりがあれば教えて。あ、前に20年くらい着ているTシャツの話を聞いて感動したんだけど。

長谷川有里: ああ、あれはFOURSTARのね、首のところが伸びたり、プリントが割れるのが怖いので、あまり頻繁には着ないで、洗うときは裏返してネットに入れて洗ってる。

 

GINZA: 色あせているのに、首元のリブがしっかりしていて、思わず何のTシャツ?って聞いた覚えが。翌日は同じく年代物のFrank KozikのTシャツ着てたよね。

長谷川有里: そうそう。あれもお気に入り。地元のスケートショップで買いました。あとファッションていったらスニーカーかな。中学2年のときに買ったエア・ジョーダン7。

 

 

GINZA: これは、ものすごい加水分解ぶりだね!

長谷川有里: これも中2くらいに買ったかな。これベロの部分にテキスタイルがランダムに使われているから左右の柄が微妙に違くて、買って帰ってから気がついて「偽物じゃないか」って不安になって、泣きながら父親と一緒に靴屋に確認しに行った思い出が。コレに関しては、本物でした(笑)。

 

同じTシャツを20年間着続けたり、イチローのスクラップをしたり。モチーフのラインナップが ’90年代の雑貨屋のような懐かしい感じがするのはそんな彼女の飾らない(いい意味で当時から大人になっていない)個性が影響しているのかもしれない。最後に今回出品されるぬいぐるみたちをハイライトでお届けします。

 

IMG_5177

世界一有名な珍しいペット。手の向き、耳の大きさに注目。

 

スクリーンショット 2016-11-25 15.49.25

世界一クールで大胆不敵なうさぎ。手に持った人参は立体ではなく布用のインクで描かれている。

 

Processed with VSCO with a6 preset

世界一有名な赤いパーカを着た自転車の前かごに乗る茶色い地球外生命体。糸でできたパーカの紐がポイント。

 

スクリーンショット 2016-11-25 16.28.23

「あの名作の名シーンが、立体でよみがえる!」

 

スクリーンショット 2016-11-25 21.27.27

Processed with VSCO with a6 preset

美大出身の長谷川さん、アート系のモチーフも充実。
※すべて価格はサイズにより異なる。フェアやポップアップショップなどで不定期に販売。

もっと見たい方は長谷川さんのinstagramへ。
ユトレヒトの展示I’ll Love You Laterでは100体のぬいぐるみたちがあなたをお待ちしていますよ!

Yuri Hasegawa 『 I’ll Love You Later』
UTRECHT
2016.11.29(tue) -12.11(sun)
12:00-20:00 ※月曜日定休

どこか見覚えのあるキャラクター、巨匠たちの名画や、映画の人物たちが家庭科的(?!)変貌を遂げる長谷川有里によるぬいぐるみ作品。ユトレヒトでも大人気 の同シリーズがなんと100体(100種類!)並ぶ、初の大展覧会を開催します!ギリギリでチープな雰囲気のフェルトマスコットから、本物にはない可笑しさやをほろ苦さを感じ取ってください。作品はすべて販売します。どれも1点ものなのでぜひお見逃し無く!

長谷川有里
1978年三重県生まれ。東京を拠点に制作活動を行う。
Instagram:@yurippe85

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)