男女の差って当然なの? 劇団「贅沢貧乏」の舞台『わかろうとはおもっているけど』

男女の差って当然なの? 劇団「贅沢貧乏」の舞台『わかろうとはおもっているけど』

男と女にまつわるモヤモヤは舞台を介してどこへ向かう?

日常に転がっている「何かがおかしい」という違和感や問い。劇団「贅沢貧乏」の作・演出を手がける山田由梨は、現実社会で浮かんだ思想を身近な問題に置き換えることで創作をしてきた。彼女が生み出す役柄たちは、誰もが抱えるような不安や孤独を抱え、答えのないことに当たり前にモヤモヤしたりする。けれど、その語り口はどこか自嘲的で軽やかだ。はなから、完全な人間なんて存在しないし、とわりきっているかのようなカラッと感がある。

「贅沢貧乏」は、2012年、女優として活動していた山田由梨が、立教大学在学中に旗揚げした自身の劇団だ。14年、一軒家やアパートを借りきって稽古・上演を行う〝家プロジェクト〟を開始。下町で働きながら生活する若者たちの繰り返される小さな日々を、その土地の空気を交えて描き話題に。17年、第62回岸田國士戯曲賞最終候補にノミネートされた『フィクション・シティー』では、フィクションが生み出される場所=劇場に発表の舞台を移し、役割を与えられた者、与えられなかった者の物語を見せてくれた。

最近の彼女はというと、男女の性差と、〝人間のこれまでとこれから〟について考えているそうだ。「あまりに違う男と女は、どのようにわかり合えるのだろうか?」と、彼女は問いかける。これまで、女だから、男だからという以前に、一個人としての等身大の生き様を繊細に描いてきた彼女が、生まれたとたんに否応なしにカテゴリ分けされる、男と女という性差をどう受け止めていくのだろうか。新作公演のタイトルは、『わかろうとはおもっているけど』。この言い訳じみた文言も、果たして男女どちらの側を、はたまた両方を代弁しているのか、期待が膨らむ。


贅沢貧乏 『わかろうとはおもっているけど
作・演出は山田由梨。人気の劇団「ロロ」や「青年団」の俳優も出演。
≫ 2月13日(水)〜2月17日(日)/BUKATSUDO HALL(横浜)、2月27日(水)〜3月3日(日)/VACANT(東京)

Edit: Satoko Shibahara Text: Tomoko Ogawa

GINZA2019年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)