FROM EDITORS 2018年秋冬コレクション Vol.7 サンローランの黒革、ジバンシィのフォーファー。

FROM EDITORS 2018年秋冬コレクション Vol.7 サンローランの黒革、ジバンシィのフォーファー。

はい、こちらパリコレ3度目の河田がお送りします。冬は断然ウールやカシミアにホクホクする派でしたが、今季の〈サンローラン〉と〈ジバンシィ〉を見たらレザーやファーが艶っぽくて色っぽくて、急に新鮮、だったんです!人生初、黒革と毛皮が気になっています。


かのプロフェッサー栗山も「80年代に注目!」で触れていますが、〈サンローラン〉に痺れました。1976年のムッシュイヴ・サンローランが発表したロシアンコレクションがインスピレーションとのことで、前半は全て黒の世界観。黒はムッシュと現デザイナーのアンソニーが一番好む色らしく、様々な素材の表情によって黒の中に濃淡を出していました。特に釘付けになったのが、レザーのカッコよさ。ホットパンツやジャケットに多用されていたのですが、〈サンローラン〉らしい品とエッジィさを保っていて素敵です。特にミニマルなルックにこそその艶っぽさが出ていたと思って、極私的ベスト3ルックを勝手に挙げます。ただしスーパーミニマルゆえ、スーパーなボディを持っていなければ着こなせない、か、も……。

16pari
ジャケット、ホットパンツ、グローブと全てレザー。スーパーミニマル。

24pari
素肌にダブルのジャケット、パンツにイン。オールブラック。たまんない。

25pari
これまたレザーのセットアップだけれどもインナーのセーターにオーバーサイズ気味のジャケットと少々野暮ったいトップをホットパンツで一気に締めてて、クーッ!

 

一方ジバンシィでは、俄然ファーが気になりました。1980年代始めのベルリンや90年代のニューヨークのナイトライフに見られたグリットとグラマー、暗く、謎めいた緊張感をまるで映画のヒロインのようなリッチさで表していました。ロイヤルウェディングでも話題になり、ノリに乗ってるクレア・ワイト・ケラーらしいセンスがジバンシィのアイデンティティに乗りきった2度目のコレクションでした。80年代のナイトライフはクレア自身のレガシーでもあり、その盛り上がりが大胆で彫刻的、ボリュームたっぷりのフォー(faux)ファーで演出されていました。

ジバンシイ コレクション ルック
このボリュームとベルトで締めるバランス。ブーツも素敵です。

ジバンシイ コレクション ルック
フォーファーとレザーのリッチなコンビネーションも今季は新鮮。ジバンシィでもレザーは多用されていました。

ジバンシイ コレクション ルック
シャンティレースのスリップドレスのなめらかさ、軽やかさとボリューミィなフォーファーのコントラストもおもしろい。

35度越えの真夏に場違いな話ですみませんでした!しかし素敵なレザーやファーに思いを馳せて遠い冬のことを妄想するのも、ファッションの楽しみの1つですよね……!

Saya Kawada

パリコレ会場でプロフェッサー栗山氏に会うと、家族みたいにホッとします。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)