「サニーヴィンテージ」オーナー・馬渕陽子はアナログ派。腕時計も気分に合わせて

「サニーヴィンテージ」オーナー・馬渕陽子はアナログ派。腕時計も気分に合わせて

世界で活躍するあの人、今注目のあの人、センスのいいあの人たちは、 いつも何を身につけているのだろう?オフィスやアトリエ、ショップを訪ね、 愛用品を見せてもらい、それにまつわる話を聞いた。


馬渕陽子
「サニーヴィンテージ」オーナー

腕時計

馬渕陽子

小学校の入学祝いで父親にミッキーマウスの手巻きの時計を買ってもらいました。その時、時間の感覚をぱっと捉えるには絶対針で表示されている方がいい、と教えられて、ずっとアナログ派です。

馬渕陽子 時計

左はスイス製のアンティークで20代の時に銀座で買いました。金無垢で、カットガラスが使用されています。右は昔の映画などを見て憧れていたカルティエのタンク。30代後半で決心して買いました。これもケースは金無垢。肌の色に合うんです。中央のカルティエは40歳ぐらいの時に時計好きの夫から誕生日にもらいました。

馬渕陽子エルメス

50年代のエルメスはお店をオープンして買い付けに行った時にロンドンのマーケットで買いました。
なぜか人生の節目ごとに増えていますが、時計おたく、というわけではありません。腕時計は基本的にファッションアイテムでいいと思う。服や気分に合わせて付け替えています。

馬渕陽子 まぶち・ようこ

1970年生まれ。セレクトショップのバイヤーを経て、2016年ショップをオープン。インナーのブランドをローンチ予定。Instagram→ @BLiss_tokyo

Photo: Reiko Touyama Text&Edit: Itoi Kuriyama

GINZA2019年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)