なぜか懐かしい、’80年代のアレ。〈アニヤ・ハインドマーチ〉のカメラアプリでなんでもピクセル・アートに

なぜか懐かしい、’80年代のアレ。〈アニヤ・ハインドマーチ〉のカメラアプリでなんでもピクセル・アートに

こんにちは、GINZA  編集部のアシスタントH  です。

先⽇⾏われた、アニヤ・ハインドマーチの2016  秋冬コレクション。デジタルデザインの基礎である“ ⾊” と“ ピクセル” が今シーズンのテーマだったそう。

“ ピクセル” と聞いて編集部の先輩⽅は「インベーダーゲーム」などを思い出すようで、懐かしい〜!という声が⾶び交っていましたが、正直な話、私は世代ではないのでいまいちピンときません(す、すいません)。せいぜいスーパーマリオのカクカクしたキャラ達を⾒たことがある程度でしょうか。

そんなスマホ世代の私ですが、展⽰会で実物を⾒てびっくり。

展示会2 展示会1

か、かわいい〜!8 ビットの粗いピクセルがなぜだか私にも懐かしい……。

それでもただ古めかしいのではなく、モチーフが「いいね!」マークや定番の「スマイル」など豊富なので70 〜80  年代のゲーム草創期を 知らない私たちにも抵抗なく使えます。GINZA  でおなじみのギークな気分にもピッタリ。

そんな今回のコレクションテーマにちなんで、アニヤ・ハインドマーチ初の『PIX by Anya 』が登場しました。(もちろん無料!)

image

スマホで撮影した写真や画像を、グラフィカルなピクセル・アートに変換できるとか。

早速やってみたい!ということで

何か⼿近に使える画像はないかと編集部をキョロキョロ。写真家・奥⼭由之さんが撮影された、カラフルなGINZA  の表紙で試してみることに。

表紙1

お気に⼊りの表紙

表紙3 表紙2

表紙5 表紙4

ピクセルの形は、基本の正⽅形をはじめとした4  種類から選べます。特に三⾓形がモダンで新鮮。ピンチイン・ピンチアウトでピクセルの形も縮⼩・拡⼤できます(粗ければ粗いほどアニメっぽくてかわいい!)何枚でも作って、保存できるのでいろいろ試したくなります。

次に挑戦したのは愛⽝の⼩⻨くん(ジャックラッセルテリア、5  歳)のブロマイド。

小麦1

宝物のおもちゃを背景にカメラ⽬線。相も変わらず美少年です(親バカ)

そんな⼩⻨くんもアプリの⼿にかかれば⼀瞬でゲームのキャラのように変⾝。

小麦2 小麦4 小麦3

冒険の途中でこんなにかわいいキャラが登場してきたら、絶対に仲間にする!

夢中になって簡単” ピクセル・アート” に興じていたら、時間を忘れてしまいました(仕事中)。危ない危ない。

友達にも教えてあげて、みんなでゲームのキャラに変⾝できたら楽しいかも。なるべくはっきりした⾊の服を着て挑戦するのがオススメです。編集部の先輩⽅にもぜひやっていただきたい…… 。中島閣下率いるスーパーギンザシスターズなんてどうかしら。

妄想が膨らむので、あと少しだけアプリで遊んでから仕事に戻ります!(敬礼)

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年9月号
2019年8月9日発売

GINZA2019年9月号

No.267 / 2019年8月9日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
センスって何?/最新靴バッグ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)