SEARCH GINZA ID

物語を味方につける“イニシャル”と、アーザル・ナフィーシー『テヘランでロリータを読む』。松田青子が選書、物語とジュエリーの関係 vol.4

物語を味方につける“イニシャル”と、アーザル・ナフィーシー『テヘランでロリータを読む』。松田青子が選書、物語とジュエリーの関係 vol.4

美しい輝きに想いが込められたジュエリー。そこから着想を得て、 女性の生き方について考える本を、作家の松田青子が選び、真意を綴る。#いつもそばに、物語とジュエリーを


 

物語から自由への力を蓄える

イスラーム革命後のイランで抑圧された日々を送る女性たちは、禁書になった西洋の小説を読むことで、彼女たち自身と彼女たちの生きる社会について思索を深めていく。

本を読むとはどういうことなのか、そして言葉や物語がどれだけの力を持ち得るかに圧倒させられる。

イニシャルのアクセサリーを身につけるということは、物語を味方につけるということなのだ。

『テヘランでロリータを読む』 アーザル・ナフィーシー

『テヘランでロリータを読む』
アーザル・ナフィーシー

アメリカ在住のイラン人作家が、革命でイスラーム全体主義へと転じる故国での18年間を綴った文学的回想録。女性が自由を奪われ監視されるなか、7人の生徒を自宅へ招き秘密の英文学研究会を行う。ナボコフやフィッツジェラルドの作品に体制の矛盾や生徒たちの現実を重ね合わせていく。(新装版/市川恵里訳/白水社/¥2,400)

 

Initial

松田青子 ジュエリー

松田青子 まつだ・あおこ

作家。1979年兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業。2013年『スタッキング可能』でデビュー。著書に『持続可能な魂の利用』(中央公論新社)など。訳書も多数。

Photo: Masahiro Sambe Styling: Naomi Shimizu Hair&Make-up: Yoshikazu Miyamoto (BE NATURAL) Model: Yumi Matsumoto Text&Edit: Akane Watanuki Cooperation: diligence parlour

GINZA2020年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年11月号
2021年10月12日発売

GINZA2021年11月号

No.293 / 2021年10月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
結局最後はヘアスタイル!
ファッションとの密接な関係

ヘアスタイルが決まれば
すべてうまくいく

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)