宮本彩菜と古着タウン下北へレッツ・ ゴー!02 ブレずに12年、普遍的な古着がそろう「hickory」

宮本彩菜と古着タウン下北へレッツ・ ゴー!02  ブレずに12年、普遍的な古着がそろう「hickory」

劇場、ライヴハウス、レコード店、商店街文化も根付き、 老若男女が行き交う不思議な街である。 そこにはニューオープンの古着屋も多く 再びニューウェーヴの到来か!?そこでGINZAが特に気になる店をモデルの宮本彩菜とともに訪れました。


 hickory
ブレずに続けて12年、 普遍的な古着がそろう
オーナーの藁谷徳彦さんが守る「ヒッコリー」は、“スーパーマーケットのように気軽に行ける店”を理想としている。 「積極的に接客はしないのでお客さんには自由に見てもらいたい。気兼ねなく入って買い物してほしいという願いは当初から変わりませんね。買い付けはずっとアメリカに行っています。トレンドを追うよりも素材が良くて長く着れるものを大切にしていきたいです」  好きなものを突き詰め、トラッド、スポーツ、アウトドアにカテゴライズされるものが多くを占める。そうした時代に左右されない姿勢も魅力だ。
Shop Data≫ 世田谷区代沢5-29-17 飯田ハイツ1F ☏03-3419-4146  営業時間13:00〜21:00 無休
ヒッコリー

秋冬は毎年ニットに力を入れ、色も形もさまざまなものを取り扱っている。彩菜リポーターがトライしたのは、メンズのカーディガン。「Tシャツの上に羽織るのにちょうどいい!」ヒッコリー
所狭しと並ぶ服だけでなく、アウトドア用のリュックも充実。長年愛されていると同時に、スポーティなトレンドにもリンクする商品の並びも心躍ること間違いなし。
ヒッコリー

宮本彩菜と古着タウン下北へレッツ・ ゴー!02  ブレずに12年、普遍的な古着がそろう「hickory」

グラフィカルな柄のドレス。首元をストイックに閉めたら、背筋を伸ばして着たい1枚。ドレス ¥7,938(ヒッコリー)

宮本彩菜と古着タウン下北へレッツ・ ゴー!02  ブレずに12年、普遍的な古着がそろう「hickory」

ミントアイスを彷彿させる爽やかなブルー。上質なモヘアが手頃で驚き。カーディガン ¥8,324(ヒッコリー)

Photo: Kosuke Matsuki   Model: Ayana Miyamoto  Direction: Lambda Takahashi   Special thanks: Chiaki Utsunomiya, Mayu Yauchi, Sumire Hayakawa (KiKi inc.) Text&Edit: Ayana Takeuchi
*この企画で掲載する商品は、お店のことを紹介するためのものです。一点ものがほとんどのため、既に店頭にない場合もありますこと、ご了承ください

 

GINZA2017年12月号

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)