SEARCH GINZA ID

バランス巧者の私服SNAP。小椋麻未さん「自由なのにまとまった“ギリギリ”なスタイル」

バランス巧者の私服SNAP。小椋麻未さん「自由なのにまとまった“ギリギリ”なスタイル」

ファッションを見極める確かな目を持つ識者を「おすすめする人」として、身の回りにいる〝おしゃれバランスがいい人〟を推薦してもらった。さらに、推薦された「バランスがいい人」をポートレート撮影!それぞれに個性あふれる私服の装いは、オリジナルな魅力に満ちている。はたしてバランスのよさとはどこから生まれるのか?識者と推薦された人、双方のコメントから探ってみたい。


バランスのいい人

小椋麻未

フリーランスデザイナー

小椋麻未

ブラウス: USED 帽子&オーバーオール: K3&CO. × FOXFIRE バッグ: LOUIS VUITTON サンダル: CHRISTIAN LOUBOUTIN

「ファッションは思い切り楽しむ派。個性的だったり、メッセージ性の強いアイテムを着ることで、自分も周りの人もハッピーになれて、コミュニケーションのきっかけにもなるから。

コーディネートには自分なりのテーマがあって、これは〝シティフィッシング〟。オーバーオールと帽子は、〈k3&co.〉で手がけた最後のコレクションで〈Foxfire〉という釣り専門メーカーとコラボしたもの。アウトドアアイテムを可愛く着たかったので、レースのブラウスと赤いピンヒールを合わせて。

(トップ画像)は〝ガーデン〟。花と水滴のイメージです。インパクトの強いアイテム同士の時はハロウィンにならないように、肌を見せて抜け感を出したり、女性らしさをキープ。まだまだモテたいですから(笑)」

小椋麻未 おぐら・あさみ

1983年、東京都生まれ。k3のバイヤーから2011年〈k3&co.〉ディレクターに。2020SSを最後に退社し、ブランドを立ち上げるべく準備中。

おすすめする人

佐久間裕美子

ニューヨーク在住ライター

ルールにとらわれないギリギリの平衡感覚
何が飛び出すかわからない、おもちゃ箱みたいな人

「小椋さんとは6~7年前、彼女がバイヤーをやっていた時にニューヨークで知り合って、〈k3&co.〉のディレクターになってからは東京で会うことが多かったかな。初めて会った時から印象に残る人でした。

着こなしにユーモアがあって、会うたびにまったく違う。小柄な方だと思うのですが、個性が立っているので大きく見える。鮮やかな色やプリント同士を合わせたり、いろんな要素が折衷的に入っていて、とっても自由。だけど最終的にちゃんとまとまっている!一歩間違えると失敗しそうな組み合わせをギリギリのところでまとめるバランス感覚がすごいなと思う。

考え方も世間のルールにとらわれず、何が飛び出すかわからない、おもちゃ箱みたいな人。そんなパーソナリティがスタイルに表れているんです。私自身は旅が多いので、スーツケースに好きな服だけ詰めて行き当たりばったりの着回し。でも意外な組み合わせを発見する楽しさもある。ルールが嫌いというところが共通点かもですね」

佐久間裕美子 さくま・ゆみこ

1998年よりニューヨークを拠点に、ファッションから政治問題までさまざまなジャンルで執筆。2014年の著書『ヒップな生活革命』(朝日出版社)の続編が近日発売予定。

Photo: Yuri Manabe  Text&Edit: Naoko Sasaki Cooperation: Komiyama Tokyo

GINZA2020年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)