知的な色、ベージュの考察とモダンスタイル

知的な色、ベージュの考察とモダンスタイル

「知性のあるスタイル」にはデザインはもちろん大切だが、 「色」も同じくらい重要なファクター。ここではその基本色であるベージュの効果を探求。さらに今っぽくモダンに取り入れる方法も伝授します!


BEIGE

ベージュは女性が取り入れると、とても優しい雰囲気になる」と話すスタイリストの二村毅さん。他にも、〝安心感〟や〝和み〟を与えてくれる色といった意見が多く、そんな大人の余裕のあるムードが、ベージュの知的なイメージをさらに強めている。10代の頃から自身の定番色だったという吉田さんは、「若い頃は少し地味に見えていたけど、それが歳を重ねると、一歩引いた女性のワードローブとして上品に感じられるようになりました」と振り返る。年齢とともに、その魅力が増していくのも特性だ。かたや、作り手の視点から、「生地の表情を、素直にデザインに生かすことができる」と岩井さん。〝不動のベージュ〟のアイテムと言われる、コットンギャバジンのトレンチコートを筆頭に、シルクのブラウスやニット、リネンパンツといった上質な素材のアイテムを選ぶことで、一段と品格を醸し出せるという。

知性を象徴する基本色としてだけでなく、この春のトレンドカラーとしてもさまざまなブランドが力を注ぐベージュのアイテム。そんな特別なシーズンだからこそ、「あえて上下で異なるトーンのベージュを合わせるグラデーションのコーディネートが今っぽいし、上級者におすすめ」というのが、仲子さんのテクニックだ。さらにモダンに仕上げるには、「ベージュには黒を合わせて引き締めることで、よりシャープな印象になる」と二村さん。ベージュの特性だけに頼らず、その着こなし方まで身につけたい。


01.「知的で優しい印象を与えてくれる」 ―二村

柔らかい発色で、着る人の表情をソフトに見せてくれるのがベージュの魅力。ダブルブレストジャケットを合わせたマニッシュな格好でも、決して堅く見え過ぎない。ゴールドのアクセサリーで女性らしい華やかさをプラスして。
ジャケット ¥42,000(オーラリー | オーラリー)/Tシャツ ¥12,000(マーガレット・ハウエル | アングローバル)/ピアス*片耳 ¥39,000(シャルロット シェネ | エドストローム オフィス)

 

ベージュ ロク マーガレットハウエル ユナイテッドアロウズ

02.「ワークテイストが今季らしい 味付けになる」 ―二村

「あえてメンズライクなワークテイストを取り入れた、飾り立てないスタイルが、芯のある女性を演出します」。ベージュのグラデーションコーディネートはもちろん、黒で引き締めることでモダンに取り入れられる。
上: ジャケット*メンズ ¥76,000(コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン | コム デ ギャルソン)/Tシャツ ¥26,000(ルメール | ニード サプライ)/スカート ¥22,000(グラフペーパー | グラフペーパー)/ネックレス ¥112,000(シャルロット シェネ | エドストローム オフィス)
下: シャツ ¥17,000(ロク | ロク ビューティ&ユース 渋谷キャットストリート)/パンツ ¥34,000(マーガレット・ハウエル | アングローバル)/ベルト ¥14,000(ユナイテッドアローズ | ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

 

03. 「体と服の間に空気を含んだシルエットが、 大人の余裕を感じさせる」 ―吉田

「程よくゆとりのあるシルエットが、ベージュの柔らかい印象を引き立てます。体のラインが出るようなタイトフィットや、過度なサイズアップは禁物!」。裾にかけて緩やかに広がるAラインのセットアップは、まさに象徴的。
ドレス ¥48,000、パンツ ¥38,000(共にハイク | ボウルズ)/タートルネック ¥12,000(サンスペル | サンスペル 表参道)/シューズ ¥29,000(チェンバー | ユナイテッドアローズ 銀座店)/ピアス*片耳 ¥39,000(シャルロット シェネ | エドストローム オフィス)

 

04. 「透け感のある服でも、 女性の品位を保てる」 ―吉田

「透け感や露出のある服でもベージュならセクシーになり過ぎず、清潔な印象をキープできます」。膝上から裾にかけてレースになった色気のあるスカートをスポーティなブルゾンで中和させる。
スカート ¥39,000(リト | ザ・ウォール ショールーム)/ブルゾン ¥83,000(アンユーズド | アルファ PR)/シューズ ¥66,000(マルティニアーノ | ロク ビューティ&ユース 渋谷キャットストリート)

 

05.「定番色にも旬の色味あり。 今季は黄みがかった ベージュがおすすめ」 ―岩井

「定番色といえども、作り手はそのときの気分や洋服に合わせて色のニュアンスを微妙に調整しています。今シーズンなら、黄みがかったベージュのアイテムを軽やかに取り入れたいです」
プルオーバー ¥68,000(ドゥロワー | ドゥロワー 青山店)

 

06.「シルクの光沢が、 品格のある女性を映し出す」 ―仲子

「光沢のあるシルク素材なら、ベージュの懸念要素である“土臭さ”を見事に払拭してくれます」。風にそよぐ柔らかさと美しいドレープを併せ持つスカーフを首元にサラッと取り入れるだけで、着こなしがグッとエレガントに!
スカーフ 各¥32,000(シャルベ | 日本橋三越本店)

 

07.「肌の色艶をよく見せる ベージュの魅力を、 メイクでさらに引き出す」 ―飯嶋

「ベージュの知的な雰囲気に合わせたナチュラルメイクが基本。ただ地味に見えないように、肌には艶のあるテクスチャーを加えるのがポイントです」。オレンジベージュのリップで唇の赤みを抑えて、より自然体なムードに。
プルオーバー ¥39,000(コート | インターナショナルギャラリー ビームス)/ピアス ¥11,000(マリア ブラック | ショールーム セッション)

 

ベージュ カットソー コート スカート ビームス

08.「濃淡を変えると、 よりモダンな印象に」 ―岩井

「セットアップのようにキマり過ぎてしまう同色よりも、上下で色のトーンを変えた方が、よりモダンでエレガントに見える」。華のあるピンクベージュのカットソーに、落ちついたトーンのロングスカートをコーディネート。
カットソー ¥32,000(コート | インターナショナルギャラリー ビームス)/スカート ¥25,000(オーラリー | ビームス ハウス 丸の内)

ご意見番はこちら

二村 毅

スタイリスト。ネイビー信者として知られ、ミリタリー、ワーク、和装など洋服の知識も豊富。

吉田恵理子

ロク ディレクター。バイヤーも兼任。イットブランドを次々に掘り当てる審美眼の持ち主。

岩井良太

オーラリー デザイナー。生地開発にこだわった服作りに定評があり、その色味や表情に対して独自の見解を持つ。

仲子菜穂

スタイリスト。ginzamag.com連載「仲子ちゃんの妄想T・P・O」の独特の“癖”にファン急増中。

飯嶋恵太

ヘアメイク。「モッズ・へア」でのサロンワークを経て、2016年からヘアメイクとして活動。

■ショップリストはこちら

Photo: kimyongduck Styling: Nao Nakako Hair&Make-up: Keita Iijima (mod’s hair) Model: KAI Text&Edit: Keiichiro Miyata

GINZA2018年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)