SEARCH GINZA ID

ビルケンシュトックの新作サンダル「KYOTO」。日本の都市にちなんだモデルは34年ぶり

ビルケンシュトックの新作サンダル「KYOTO」。日本の都市にちなんだモデルは34年ぶり

〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉による新たなサンダル「KYOTO(キョウト)」が登場。新色の「ウルトラブルー」をはじめ、性別問わず使いやすい5色で展開される。また、本アイテムに関連したキャンペーンも、ブランドの日本公式インスタグラムなどで実施中。


「Boston」や「Arizona」など、世界の都市名がネーミングされる〈ビルケンシュトック〉。今回リリースされたモデルは、日本の歴史や文化を継承し、時代とともに変化してきた街として京都に着想を得ている。ちなみに、日本の都市をアイテム名に冠したのは、34年前の「TOKIO(トキオ)」ぶり。

折り重なるようなアッパーのデザインは、着物の襟合わせをイメージしたもの。ベースになっているのは定番モデル「ZURICH(チューリッヒ)」で、アッパーに面ファスナーを配置することでフィット感を高めている。カラーは全5色で展開され、トープやネイビーなど、男女問わず幅広いコーディネートに取り入れやすい色味がラインナップ。中でも初登場の「ウルトラブルー」は青空のような鮮やかさが特徴で、差し色にもぴったりだ。

また、ブランドの日本公式インスタグラムを中心に、「KYOTO」をビジュアルに起用したキャンペーンも実施中。“BE AUTHENTIC, BE UNIQUE-新しい未来に。自分らしい一歩を踏み出そう-”をスローガンに掲げをスローガンに掲げ、〈ビルケンシュトック〉を愛用する4人の著名人が登場する。「ブルマン東京田町」の総料理長・福田浩二や、作家や映画監督として幅広く活動する大宮エリー、モデル・フォトグラファーのモーガン茉愛羅、ダンサー・モデルのアオイヤマダが名を連ね、それぞれの視点で“自分にとっての本物、自分らしい一歩”を表現。この時代に新たな一歩を踏み出したい人へのエールを送る。参加者は今後さらに増えていくとのことで、これからの展開をお見逃しなく。

【お問い合わせ先】

ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス
Tel: 0476-50-2626
www.birkenstock.com/jp

※ビルケンシュトック専門店舗は、営業時間の変更に伴い、一部店舗は5月7日(木)以降の開始となります。店舗の営業時間を事前にご確認の上、ご来店ください。

Text: Koki Yamanashi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)