LADY IN THE BLACK 夏の夜の黒 Vol.2

LADY IN THE BLACK 夏の夜の黒 Vol.2

Share it!

夏の黒は、特別だ。 昼間の暑さに辟易してしまった日にも、 身につければ背筋がすっと伸びる。 まるで、心もドレスアップしてくれているかのように。 素材の重なりで、濃淡のリズムで、シルエットの妙で。 だから、夕暮れ過ぎたら、黒のエッセンスが必要なんだ。


black06

軽やかにふわりと透けて

凛としたシャツを、淡く透ける黒いシルクで。涼やかに風が抜けるオーバーシルエットもいい。〈メゾン マルジェラ〉がつくる、予想外にセンシュアルな空気に、心を射抜かれてしまった。

シャツ ¥125,000、中に着たランジェリートップ ¥108,000(共にメゾン マルジェラ │ メゾン マルジェラ トウキョウ 03-5725-2414)


black07

横顔にシックなアクセント

彫刻的なフォルムのシルバージュエリーに、ファンが多いブランド。コレクションにたびたび登場するオニキスを、タッセルとの組み合わせで。顔回りにぐっとモダンな薫りが漂う。

ピアス ¥70,000(ソフィー ブハイ │ エストネーション)/ワンピース ¥66,000(エリザベス アンド ジェームス │ コロネット)


black08

「柄」のエレガンス

柄が美しく映えるのは、黒の特権だと思う。青い薔薇が描かれたブラウスに、そんなことを再認識。そして、主張のあるスタイルがエレガントにまとまるのもまた、黒だからこそ。

ブラウス ¥87,000、スカート ¥51,000(共にジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン │ コム デ ギャルソン 03-3486-7611)


black09

自分に自信をくれる手元

視界にこんなリングが見えたならば、間違いなく気分は最高。オニキスは、迷いのない信念を象徴する石。マットに仕上げられた思い切ったサイズ感は、文句なしにかっこいい。

リング ¥70,000(ラストダンス last-dance.jp)/ブラトップ ¥15,000(エムエム6 メゾン マルジェラ │ エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ 03-3408-8681)/ネックレス ¥72,000(アリギエーリ │ エストネーション)


black10

夜には夜の脚がある

〈ピエールマントゥー〉が誇る、極薄5デニールのストッキング。艶のベールをかけた脚先には、ベロアのフラットシューズ。いやみのないセクシーって、きっとこういうことだ。

ドレス ¥59,000(アレクサチャン │ ブルーベル・ジャパン(ファッション事業本部) 03-5413-1050)/シューズ ヒール0.5cm ¥88,000(ジミー チュウ │ ジミー チュウ 03-5413-1200)/ストッキング*5デニール ¥4,500(ピエールマントゥー │ ステッラ ピエールマントゥー事業部 03-3523-9048)


black11

艶やかに可憐に咲く花

1896年創業、フランスの造花の老舗・ギィエ社がつくるコサージュから、シルクタフタの薔薇を選択。つける位置は、絶対にセンター。それだけで可憐な少女のように笑えるから。

シャツ ¥39,000(スタジオ ニコルソン │ キーロ 03-3710-9696)/コサージュ ¥14,000*参考価格(ギィエ社 │ エム・シー・エル ヨーロッパハウス 03-3541-1461)

Photo: Hiroko Matsubara Styling: Yuriko E Hair & Make-up: Hiroko Ishikawa Model: Mar Gonzalez Text & Edit: Kanako Uchida

GINZA2018年8月号掲載

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント