NYで真っ先に駆けつけたい! 〈CALVIN KLEIN 205W39NYC〉の旗艦店がリニューアル ラフ・シモンズのアート愛がたっぷり♡

NYで真っ先に駆けつけたい! 〈CALVIN KLEIN 205W39NYC〉の旗艦店がリニューアル  ラフ・シモンズのアート愛がたっぷり♡

NYで好きなお店はどこ?」と聞かれることがある。
ブルックリンからノリータに移転したばかりのOroboroは、サステイナブルな規模でコレクションを発表している個性的なデザイナーの洋服が揃っているのが魅力的。どれも着心地がよくて、ショップも居心地がいいなと思うし、NYの老舗デパート〈バーグドルフ・グッドマン〉の超名物バイヤー、リンダ・ファーゴが手がけるショップ・イン・ショップLinda’s At Bergdorf Goodman最旬のアイテムが宝箱のように詰まっている。「ですよね!だから、ファッションって楽しいんですよね」と、オシャレ心が沸騰するくらい。

 それに、Dover Street Market New Yorkは、エレベーターでまで上がって、ぐるぐると階段で降りながら、各フロアの扉を開けると、どれも異なる世界観で、いつ訪れてもワクワクするのがいい。オープンして初めて行った時は、下のフロアから見て行って、最後のエンドレスな階段に目が回りそうになったけど。

001
(Photo: Courtesy of Calvin Klein)

そんな、パッと思いつくお気に入りの店に、新たな一軒が加わった。マディソンアベニューにあるCALVIN KLEIN 205W39NYCの旗艦店。8月にリニューアルオープンしたばかり。何がいいって、店内が真っ黄色!風水的にイエロー太陽の光の色で、空間や気持ちを高揚させるらしいけれど、まさに納得。お店に一歩足を踏み入れた途端、「うわっ」っとテンションが上がる

内装デザインを手がけたのは名門ギャラリーGagosianに所属するSterling Ruby(スターリング・ルビー)LAを拠点に
スカルプチャー、ペインティング、セラミックなどで作品を発表するマルチディシプリナリー・アーティスト。(多分野の意味を持つ「multidiciplinary」。長っ!なのですが、ジャンルレスなメディアを用いるアーティストは、こう呼ばれることが多いのです)。

 〈ディオール〉時代のテキスタイルデザインから、〈ラフ・シモンズ〉2014秋冬コレクションのランウィで用いられた、クッションのような、サンドバッグのような、ウインナーのような形のオブジェも彼の作品。最近では、〈カルバン・クライン〉の本社&ショールームの再設計でもタッグを組んだ。

002

そんな以前からラフと親交の深いスターリングが、「ミニマルからマキシマルへ。私のデザインは、カルバン・クラインの未来を祝福するマイルストーンとして見てほしい」と語る、旗艦店のリニューアル。彼の星条旗のようなファブリックのオブジェが工事現場を彷彿とさせる足場横に配置され、ハンドクラフトの温もりあるアンティークキルトが最新コレクションのラックの間に並ぶ。ソフト&ハード、オールド&ニューという対極は、洗練された空間で遊び心たっぷりに共存している。

003

秋冬に向けて、今年もタートルネックのカットソーとニットを新調しようと思っていたら、ずばり目の前に。ベーシックアイテムも、「205」が刺繍されたこの1枚があれば、スタイリングが格段にレベルアップ!

004

ちなみに、名前が新しく生まれ変わったコレクションライン〈CALVIN KLEIN 205W39NYCは、かつてブランドのアトリエで、現在は本社となったアドレスに由来するもの。メゾンの歴史大切にブランドのクラフツマンシップをコレクションに展開していきたいという、ラフ・シモンズの希望でリネームされたんです」とフレンドリーで親切なショップスタッフの方に教わる

005

永遠の定番〈カルバン・クライン〉のアンダーウエアも、こちらのお店で扱われているのは〈CALVIN KLEIN UNDERWEAR 205W39NYC〉。ハンガーにかけられ整然と並んでいる様子は、ちょっぴりシュールでチャーミング。

 

Calvin Klein; Location: New York NY;

それにブランド初となる真っ白のリネングッズを紹介するコーナーでは、ベッドの上にポンポン浮かぶ。まるでアートインスタレーションのよう。

「コレクションとも密接に結び付くような、非常に直接的な体験を生み出す店にしたいと思った」とラフが話すように、3フロアのショップは買い物だけでなく、まるでギャラリーも同時に訪れたような気分が味わえる。

 でも、こちらの内装は期間限定。建物の大型リノベーションで、来年にはすべて変わってしまうそう。残念だなと一瞬思ったけれど、よく考えれば、各シーズンが、ラフ・シモンズによる〈CALVIN KLEIN 205W39NYC〉の企画展ともいえる。また次はどんな世界を見せてくれるのか。NYのファッションウィークは開幕直前! 2018年春夏コレクションもとっても楽しみだ。

007
(Photo: Courtesy of Calvin Klein)

CALVIN KLEIN

654 Madison Avenue
212-292-9000
営:10:0018:00(木〜19:00、日12:00〜)
休:無休

福田真梨

Mari Fukuda
エディター&ライター。出版社の編集者を経験した後、フリーランスに。現在はNYを拠点に活動中。近いから今度と思いつつ、一度も訪れたことがなかったフィラデルフィアに行ってきました。フィラデルフィア美術館のボリュームがすごい!やっぱりCy Twombly好きだなぁ。若かりし頃の元カレであり親友だったというRobert Rauschenbergの膨大な作品を集めた企画展「Among Friends」も、ちょうどMoMAで開催中。類稀な才能は惹かれ合うものなのですね。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)