越智 康貴の”花咲くかげに” 06 技術の結晶〈シャネル〉のメティエダールコレクション

越智 康貴の”花咲くかげに” 06 技術の結晶〈シャネル〉のメティエダールコレクション

Share it!

花の仕事をしていると、小さな驚きや発見がいくつもあって、季節や気持ちにも敏感になる。この連載は、そのきらめきやインスピレーション、自分を取り巻く素敵な出来事を、言葉や写真で書き出す様な、そういうもの。日常とファッションの関係を、ベッドで眠る前の3分間に。

Photograph by Shun Wakui

シャネル1シャネル2

シャネル3シャネル4シャネル5

写真上から順番に

(1&2枚め)カーフスキンのブルゾン¥1,080,000  カーフスキンのパンツ¥798,000 ツイードジャージのジャンプスーツ¥316,000 レースアップシューズ¥92,000 ウールツイードのジャケット¥4,300,000 ドレス¥604,000  レースアップシューズ¥92,000 ツイードジャケット¥1,855,000  ツイードのドレス¥5,400,000 レースアップシューズ¥92,000

 


シャネルの服は、個性的。

肩を見るだけでも、シャネルの服だと見分けがつく。

メティエダールコレクションは、既製服ながら、シャネルが抱えるアトリエの、職人たちの卓越した技術が見れるコレクション。
時間の感覚を揺さぶるような、凝縮された手仕事の結晶に、ときめきと驚きを隠せない。
しかもそれがオーダーではなく、ブティックで手に取れる。

繊細で綿密な服は、どれだけの時間をかけて完成されるのか、想像も難しい。
生地ひとつとっても、物語を作らざるを得ない技術の継承と発展に、比べるもののないほどの素晴らしさを思う。
刺繍やプリーツにも、たくさんの、どうなっているんだろう?、という疑問と高揚が同時に押し寄せてくる。その高揚は、ファッションに対する期待の高まりでもある。

ひとつの服に、世界の美しさを翻訳したようなモチーフの連続が、情熱と相反して静かに佇む。
花の刺繍で囲まれたジャケット、銀河を思わせるドレス、力強くしなやかなレザーや、手縫いで描かれたシャネル特有の織の模様。

現実離れしたその感動は、手の届かないようなものでもある。
それでも、あなたの気持ちが向いたなら、あなたの為のドレスになる。

シャネル <メティエダールコレクション パリ コスモポライト> 6/1よりブティックにて展開    シャネル0120-525-195

http://www.chanel.com/-ParisCosmopolite_Tokyo


越智康貴
フローリスト/文筆業
フラワーショップDILIGENCE PARLOUR運営
www.diligenceparlour.jp

涌井駿
写真家
いま一番行きたい場所は中国のハイラル。
www.shunwakui.com

Model:Yukiko Kai

 

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント