〈BURBERRY〉のマント 文筆家/長谷部千彩さんのMYヴィンテージ

〈BURBERRY〉のマント 文筆家/長谷部千彩さんのMYヴィンテージ

ワインの〝飲み頃〞を楽しむように、5年、10年寝かせて「MYヴィンテージ」と化したアイテム。永く洋服を楽しむ極意、さらに再びワードローブの主役として返り咲いた〝今が着頃〞な 理由を文筆家のミューズに聞いた。


長谷部千彩さん
文筆家

BURBERRYのマント

大好きなものは結局 いつまでも着られます

バーバリーはずっと好きなブランド。15年ほど前にパリでふらりとお店に立ち寄ってひとめ惚れしたのが、このマントです。とにかく素敵なブルーですよね。当時は、白いタイツと白い靴を合わせて60年代風スタイルを作っていました。ただ、お洋服はどんどん増えていくので、いつの間にかクローゼットの奥に…。「復活」のきっかけは、ベージュのロングブーツを購入したことです。このブルーを合わせたいなと思って。昔から、無地で色がきれいなものに惹かれます。変わらず好きなものを買い集めていると、自分が持っているもの同士、大体うまく合うようになるんです。

Photo: Shinichiro Shiraishi Text&Edit: Keiichiro Miyata

GINZA2017年12号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)