手放すことで自分を映し出す、厳選された好きなもの ギャラリーオーナー・野口アヤさんの収納 

手放すことで自分を映し出す、厳選された好きなもの ギャラリーオーナー・野口アヤさんの収納 

洋服や小物たちがスタンバイOKで出番をそっと待つクローゼットの中にはすてきな小宇宙が広がっています。おしゃれな人たちのクローゼットには好きなテイストや色、スタイル、参考にしてみたくなるようなヒントがいっぱい!


野口アヤ
ギャラリーオーナー、デザイナー

クローゼットはライフスタイルを写す鏡。野口さんは、その最高の例かもしれない。一昨年、長く続けたブランドディレクターを退き、ギャラリーワークに重心を移した。
「前は、〝いつか着るかも〟〝資料になるかも〟と理由をつけていて、ものが全然減りませんでした。でも、仕事を変えたら価値観も大きく変わった。手放す流れを作ることで、自分をブラッシュアップできる気がするんです。とはいえ、デニムやレースなどお気に入りはたくさんあるし、まだまだ断捨離途中です(笑)」
元は子ども部屋という6畳ほどのクローゼット。ここに残っていくものこそが、「野口さんらしさ」なのだろう。

Profile

野口 アヤ のぐち・あや

代官山「SISON GALLERy」オーナー、ファッションデザイナー。写真で着ているのは自身のブランド〈AYAYA〉のワンピース。“肌断食”を始めてはや7カ月。

Photo: Keisuke Fukamizu  Text: Aiko Ishii

関連記事はこちら
屋根裏のウォークインクローゼットに詰まってる。マルコモンド・角末有沙さんの衣装部屋
マドモアゼル・ユリアさん。ドレスさえもインテリアに変える異次元クローゼット
誰にも見せない場所だから。BIOTOPバイヤー・曽根英理菜さんのオリジナルクローゼット
Harikaeデザイナー・橋本千子さん、あえてオフィスに構えた第二のワードローブ
プロップスタイリスト・ケイコ・ハドソンさん、記憶とリンクする服と道具たち
chisakiデザイナー・苣木紀子さんの〝見せる収納〟 コーナーに好きなものを集めて
どこに何があるか一目瞭然!スタイリスト・永岡美夏さんの全部が見えるウォークインクロゼット
エンフォルドディレクター・植田みずきさんのクローゼットは、今の気分が詰まった秘密基地
Tシャツ満載!部屋の一角に重なる想い出。エディター・川島あぐりさんクローゼット
「どこに何があるかがひと目でわかる」スタイリスト・小川さんのクローゼット
キーワードは「タグ付け」。スタイリスト・早川すみれさんの〝ため込まない〟クローゼット
自分に似合うものだけ持つから、入れ替えも。スタイリスト・木村舞子さんのワードローブ
扉の向こうはTシャツ天国! スタイリスト・榊原優佳さんの潔すぎるクローゼットの中身

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)