プロップスタイリスト・ケイコ・ハドソンさん、記憶とリンクする服と道具たち

プロップスタイリスト・ケイコ・ハドソンさん、記憶とリンクする服と道具たち

洋服や小物たちがスタンバイOKで出番をそっと待つクローゼットの中にはすてきな小宇宙が広がっています。おしゃれな人たちのクローゼットには好きなテイストや色、スタイル、参考にしてみたくなるようなヒントがいっぱい!


ケイコ・ハドソン
プロップスタイリスト

クローゼットスナップ お下がりの服
ケイコさんの〝おばあちゃんコレクション〟の数々。「父方の祖母からもらったもの。娘がいないので孫が着てくれるのがうれしいみたい。昔のブランドものだから生地や仕立てが綺麗で着るとちゃんとして見える。毎シーズン、実は一番活躍してます」

服はあまり買い足さないというケイコさん。ワードローブの大半が、何かしらパーソナルなエピソードを持つアイテムだ。「思い出レベルで服を残したり、処分したりしてるのかもしれません。ロンドン時代に買ったものや、祖母からのお下がり…。昔はラフな古着スタイルが多かったけど、最近は少しきちんとしたいなと思うようになりました」
仕事で使う道具やプロップも一緒。広さが必要になるため、押し入れ型の収納を条件に家を探したそう。「服は着る頻度が高い順に数点はスタイリングした状態でハンガーに。実家暮らしの時に編み出したスペース活用術です(笑)」

Profile

ケイコ・ハドソン

静物ヴィジュアルの制作ディレクションやセットデザイン、プロップスタイリングを手がける。日常の小物に向けるシニカルな視点がユニーク。

Photo: Reiko Touyama Text: Aiko Ishii

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)