SEARCH GINZA ID

〈ボッテガ・ヴェネタ〉のシャツとスカートに〈ルメール〉のタートルをetc.|セルフィースナップ!海外のクローゼットから vol.5

〈ボッテガ・ヴェネタ〉のシャツとスカートに〈ルメール〉のタートルをetc.|セルフィースナップ!海外のクローゼットから vol.5

NY、パリ、ロンドン、ミラノ、ソウルなど、 世界の都市でおしゃれと噂の面々にラブコール!自宅のワードローブと私服コーデをセルフィー公開。個性的な装いの生まれる場所を覗き見してしまおう。


LONDON,UK

Celia Calderón Asensio
セリア・カルデロン・アセンシオ

セントラル・セント・マーチンズを2018年に卒業後、タイツとボディスーツに特化したブランドをローンチ。写真のタイダイものがセリアの作品だ。

引っ越した時から置いたままだった大きなクローゼット(写真3枚目)に、コート、ドレス、スカート、パンツ、シャツ、ジャケットの順でラックにかけ、丈が短い部分の下にシューズラックを置きTシャツやスウェットを並べている。

「開けたら全部が見えるのはとても便利です」

Celia Calderón Asensio セリア・カルデロン・アセンシオ

デザイナー。@c.c.asensio

 

TRENTINO,IT

Judith Bradl
ジュディス・ブラッドル

24歳のジュディスの衣装棚を占めるのは、アンティークや1920年代から80年代(中でも主に50〜60年代)の映画から影響を受けた服。

「エレガントな古いイタリアンテイストにも魅了されるし、英国フォークロアをデザイナーものとミックスして着るのも好きです。最近は亡くなった大叔母のクローゼットを整理していて、見つけた美しい服を丁寧にケアして彼女のセンスを再発見しているところ」。

昔のアイテムを自由に着こなすことで新しい意味を与えたいという、キュレーター魂を感じるこだわり派だ。

Judith Bradl ジュディス・ブラッドル

スタイリスト、キュレーター、 ソーシャルメディアコンサルタント。@judithbradl

 

PARIS,FR

Tamara Dolgieva
タマラ・ドルジエヴァ

〈ボッテガ・ヴェネタ〉のシャツとスカート、〈ルメール〉のタートル、〈コム デ ギャルソン〉の靴に〈ブルガリ〉のジュエリー。

ファッションやライフスタイル系のプレスオフィスを立ち上げたタマラの好みは、時代を超越した質の高い長く愛用できるアイテム。服を守るために必ずガーメントバッグに入れておくのが収納ルールだという。

「たくさん持つよりも少しの精鋭。手間はかかりますが、ずっと一緒に過ごしていきたい大切な服ですから」

Tamara Dolgieva

Tamara Dolgieva タマラ・ドルジエヴァ

「Kravits Inaba」 PR。@kravits_inaba

Coordination: Masae Takanaka, Mari Fukuda Text&Edit: Aiko Ishii, GINZA

GINZA2021年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年10月号
2021年9月10日発売

GINZA2021年10月号

No.292 / 2021年9月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
physical stores
ショップの実力

フィジカルストア
お店に行きたいのです!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)