SEARCH GINZA ID

120ブランドを分析!デニム大全 HOLIDAY BOILEAU、HOPE、HYSTERIC GLAMOUR、ISABEL MARANT ÉTOILE

120ブランドを分析!デニム大全 HOLIDAY BOILEAU、HOPE、HYSTERIC GLAMOUR、ISABEL MARANT ÉTOILE

暖かくなってくると無性にデニムが欲しくなる。さらに今季のトレンドでもあるからなおさらだ。ところが、正直どれを選べばいいの!?その悩みを解消すべく定番から今季ものまでアルファベット順にずらっとそろえた120本。毎日4本づつ紹介します。今日は〈HOLIDAY BOILEAU〉〈HOPE〉〈HYSTERIC GLAMOUR〉〈ISABEL MARANT ÉTOILE〉のデニムをピックアップ。


〈HOLIDAY BOILEAU〉

1946年から77年に人気を博したアメリカの雑誌『HOLIDAY』を、2014年にパリで復刊した面々によってスタート。雑誌の本質にあるアメリカのトラッドと、パリジャンのミニマリズムのミックスを提案する。テーパードパンツは赤耳なのでロールアップしてはくもよし。シンプルながらも、スタイルアップ効果抜群の1本だ。

¥25,000(ホリデイ ボワロー | ロペエターナル)

 

〈HOPE〉

有名デニムブランドで経験を積んだデザイナーらのユニットが手がける、スウェーデン・ストックホルム発ブランド。洗い加工が激しすぎず、春夏にぴったりのライトブルー、股上もほどよいミッドライズで着回しやすい。シンプルな5ポケット型ながら、カジュアルにもモードにも、両方使える!

REY DENIM ¥30,000(ホープ | ブルーベル・ジャパン)

 

〈HYSTERIC GLAMOUR〉

ヒッピーカルチャーからインスパイアされたローライズやフレアなどのレトロ感が色濃い今季のトレンドは、もともと〈ヒステリックグラマー〉の最得意分野。インディゴとライトオンスのヘリンボーンのデニムを、パッチワークのように貼り合わせた存在感ある90sのリバイバルシルエットも、股上の浅さや、前面のパッチポケットまで追求できるのはさすが!

¥34,000(ヒステリックグラマー)

 

〈ISABEL MARANT ÉTOILE〉

バックパッカーとして世界を旅した経験を持つデザイナーのイザベルにとって、デニムのおしゃれは常にラインナップしたい大切な要素。今季は、80年代の空気感をモダンにアップデート。股上深めで、フロントにはピンタック、全体にかけたアシッドウォッシュ加工によるピンク味が唯一無二の存在感だ。

¥50,000(イザベル マラン エトワール | イザベル マラン)

◀︎前日のデニムを見る

Photo:Kaori Ouchi Styling:Yuka Sakakibara Text&Edit:Yu-ka Matsumoto,GINZA Design:Yurie Hata Illustration:Tsukasa Kudo

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)