SEARCH GINZA ID

120ブランドを分析!デニム大全 MINEDENIM、M MISSONI、MONÂME、MOTHER

120ブランドを分析!デニム大全 MINEDENIM、M MISSONI、MONÂME、MOTHER

暖かくなってくると無性にデニムが欲しくなる。さらに今季のトレンドでもあるからなおさらだ。ところが、正直どれを選べばいいの!?その悩みを解消すべく定番から今季ものまでアルファベット順にずらっとそろえた120本。毎日4本づつ紹介します。今日は〈MINEDENIM〉〈M MISSONI〉〈MONÂME〉〈MOTHER〉のデニムをピックアップ。


〈MINEDENIM〉

デニムに造詣が深いスタイリスト野口強がディレクションするブランド。岡山に実績ある自社縫製工場を持ち、生地や加工の開発に取り組みながら、男前な美シルエット、洗練のディテール、リアルな表情の商品を提案。最初の1本なら、手が届きやすい価格もうれしいスタンダードエディションから、スリム5ポケットユーズドを。

¥20,000(マインデニム | マインド)

 

〈M MISSONI〉

色の魔術師〈ミッソーニ〉のコンテンポラリーラインが、この春フレッシュにリローンチ。ジーンズは、小尻に見えるストレッチスリムで、レインボウカラーのステッチやヒップポケットのブランドロゴの刺繡など、カラフルなディテールが目印。オーバーサイズのデニムジャケットなど、ユニセックスなアイテムも見つかる。

¥37,000(エム ミッソーニ | 三喜商事)

 

〈MONÂME〉

日本女性がお直しなしではける丈感だと噂のフレンチデニムブランド。素材は14ozのピュアインディゴ、取り外しできるサスペンダーの使い方であれこれ表情を作りやすいセミワイドは、万人に似合いやすいムード。腰まわりをタイトに、裾から足首がのぞくおかげで、ラフすぎず、フェミニンに着こなせる。

¥16,000(モナーム | カイタックインターナショナル)

 

〈MOTHER〉

両脇に走る赤いラインが脚長効果もある良いアクセント。デニム業界で豊富な経験を持つLAのデザイナーがタッグを組んでスタートさせたデニムブランドの、年間通して展開する定番だ。最大の特徴は、ストレスなく動きやすいストレッチ性。前後差のある切りっ放しの裾で、足首が華奢に見える効果も。

インサイダークロップステップフレイ ¥32,000(マザー | サザビーリーグ)

◀︎前日のデニムを見る

Photo:Kaori Ouchi Styling:Yuka Sakakibara Text&Edit:Yu-ka Matsumoto,GINZA Design:Yurie Hata Illustration:Tsukasa Kudo

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)